语言切换
ニュース News

科学観測船「大洋1号」が中国自主開発深海装備品の試験を完了

日付: 2018-05-07
閲覧: 3

中国の科学観測船「大洋1号」が3日、2018年総合海上試験B航行段階の任務を終え、山東省青島市に帰還した。今回の科学観測は中国大洋協会が計画した。西太平洋及び南中国海で、中国が自主開発した潜水機「潜竜」などの深海装備品の海上試験を行い、大量の試験データを集め、調査資料の充実化を図ることを目的としている。本航行段階には科学観測隊員船員70人が参加した。任務日数は45日間、航行距離は6208海里。中国最先端の国産潜水機「潜竜3号」が、中国国産潜水機の深海航行の最長記録を樹立した。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520