语言切换
ニュース News

中日韓の科学者が「東アジアスーパー望遠鏡」を構築へ

日付: 2018-03-07
閲覧: 5

中国科学院上海天文台が27日に発表した情報によると、中日韓の科学者が共同建設中の「東アジアスーパー望遠鏡」は、中国と日本、韓国の望遠鏡を結びつけ、観測ネットワークを形成するというもの。その分解能は、直径5000メートルの「スーパー望遠鏡」に相当する。関連文書「東アジアVLBI観測網の性能とビジョン」は世界的に有名な学術誌「Nature Astronomy」に掲載された。筆頭著者責任著者は上海天文台の安涛研究員で、2人の協力者は韓国天文宇宙科学研究所のB.W.Sohn教授と日本鹿児島大学のH.Imai教授となっている。

この「東アジアスーパー望遠鏡」の正式名称は「東アジアVLBI観測網」(EAVN)で、中国と日本、韓国の21基の電波望遠鏡でつくる。安涛氏は、中国と日本、韓国には望遠鏡があるが、協力することで「1113以上」という効果を実現し、世界ランキングで上位を占め、東アジアの電波望遠鏡天文学の発展を促すことになるとしている。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520