语言切换
ニュース News

映画「空海―KU-KAI―」、日本ではなぜ不評?

日付: 2018-03-01
閲覧: 5

日本でも大々的に報道されていた中日合作映画「空海KU-KAI―美しき王妃の謎」(原題:「妖猫伝」)だったものの、日本で公開後の評価はあまり高くない。日本の映画関連サイトの26日の情報によると、ミュージカル映画「グレイテストショーマン」の興行収入が2週連続の首位となり、24日に公開された「空海KU-KAI―」は、2位になっている。また、「空海KU-KAI―」の映画レビューアプリfilmmarksにおける平均評価は3点にとどまっており、ネットユーザーからも、「だまされた。150億円の製作費って、冗談でしょ!」、「意味が分からなかった」など、厳しい感想も寄せられている。

日本メディアは「空海KU-KAI―」について、製作費150億円で、日本映画の平均製作費を大幅に超えていると、大々的に宣伝してきた。また、人気俳優染谷将太や阿部寛、女優松坂慶子なども出演しており、日本の映画ファンの期待も高まっていた。ところが、公開されると興行収入は思ったほど伸びず、大ブーイングが上がり、大苦戦を強いられている。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520