语言切换
ニュース News

銀行業の転換は「デジタル化の不安」を突破しなければならない

日付: 2022-09-01
閲覧: 3

最近、全国的な株式制商業銀行が中間業績発表会で明らかにしたところによると、今年は1500人ほど増員され、うち1200人が新たに科学技術者となった。また、財務費用では、年間科学技術予算は前年比5%以上増加した。

この銀行の状況は、近年の銀行業のデジタルシフト加速の縮図といえる。「第14次5カ年計画要綱」は、金融科学技術を着実に発展させ、金融機関のデジタル化の転換を加速させることを明確に打ち出した。今年に入ってから、中国人民銀行及び銀保監会は相次いで「金融科学技術発展計画(2022-2025年)」と「銀行業保険業のデジタル化モデルチェンジに関する指導意見」を発表し、金融機関のデジタル化の原則、枠組みと目標を全面的に提出し、2025年に金融科学技術全体のレベルと核心競争力の飛躍的な向上とデジタル化モデルチェンジの著しい効果を実現することを要求した。

デジタル化の転換における銀行の競争はますます白熱化している。注目すべきは、国有大型銀行の規模、ブランド、科学技術、人材備蓄などの面での「圧迫」の優位性に直面して、多くの中小銀行は現在、「デジタル転換の焦り」が普遍的に存在している。

このような不安は一方でコストの圧力から来ている。資本金の制約を受けて、中小銀行の資産負債の総量は限られており、利益の絶対額も限られている。デジタル化の転換には最も基本的なハードウェア、ソフトウェア、人員の投入が必要だが、高企業のコストは中小銀行の負担を困難にしている。現在、多くの中小銀行自身は、コーポレートガバナンス能力の向上が必要であり、資産の質が悪く、収益力が弱いなど、いくつかの問題に直面している。自分の問題がうまく解決されていない場合、デジタル化のためにデジタル化したり、デジタル化によって自分の問題を解決しようとしたりすると、最終的には問題が解決されず、かえって大量の投資浪費をもたらし、業務が失われてしまうことがあります。

不安の一方で、デジタル化の方向性への迷いから来ている。デジタル化のモデルチェンジの過程で、一部の中小銀行は自分の業務の実際から離れ、インターネット企業の建設シーンを模倣して、トラフィックをして客を獲得しようとしたが、結果は的外れだった。第三者プラットフォームの導入に過度に依存している中小銀行もあり、さらにさまざまな問題やリスクが存在しています。多くの機関はデジタル化によるカーブ追い越しを実現しようとしていたが、巨大に投入されてわずかに産出されるという気まずい状況に陥っていた。

業界内を見渡すと、現在は科学技術システムを自社で構築し、自力でデジタル化の転換を実現できる中小銀行は少数しかない。多くの中小銀行にとって、デジタル化がないと将来の競争に先手を失う可能性があるが、デジタル化の転換を盲目的に行うとコストが増加し、かえって経営難が激化する可能性がある。

デジタル化はすべての問題を解決するものではないことを冷静に認識しなければならない。銀行のデジタル化への移行は、最終的な目的ではなく、ビジネス目標を達成するための補助的なツールにすぎません。実践により、銀行自身の業務特徴と顧客特徴をめぐるデジタル化の転換だけが最も効果的であることが明らかになった。銀行は着実に業務目標を推進することを前提に、自分のデジタル化能力を徐々に向上させなければならず、本末転倒は禁物だ。

多くの銀行にとって、デジタル化の転換は長期的な過程であり、一挙に成功することはできず、成功を急ぐこともできないことを認識しなければならない。自分の業務を着実に深耕しなければならず、カーブを曲がって追い越すことばかり考えてはいけない。銀行業もデジタル化を「装備競争」に転換することはできず、リスクへの警戒を無視して規模ばかりを追求している。特に中小銀行にとって、現在の第一の任務はリスク堤防を築くと同時に、実体経済に奉仕する質の効果を高めることである。銀行は土地の事情に合わせて、会社のガバナンスをさらに改善し、リスクのベースラインをしっかりと築き、地道な発展でモデルチェンジ中の焦りを解決し、自分の特徴に適したデジタルモデルチェンジの道を模索しなければならない。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520