语言切换
ニュース News

周小川:デジタル金融はデジタル経済の発展に重要な支えを提供している

日付: 2022-09-09
閲覧: 0

博鰲アジアフォーラムの周小川副理事長は今日、2022年の中国(北京)デジタル金融フォーラムで、デジタル金融はデジタル経済の構成部分であり、デジタル経済の発展に重要な支えを提供していると述べた。デジタル金融は現代金融業の発展の重要な特徴であり、現代金融業は情報技術の反復的なアップグレードを最も迅速に反映できるからである。

「金融業は大型ITシステムへの投資に力を入れ、デジタル新技術を活用した金融機関であり、顧客により便利で効率的な金融サービスを提供し、より正確にリスクを防止し、業界内で勝つことができるIT業界であると言えます」周小川氏によると、多くの金融科学技術会社も広範に顧客を獲得し、大量のデータを把握することで多くのデジタル金融製品を提供しているという。デジタル金融は経済運営効率と金融消費者の福祉を高め、サービスをより普遍的にし、経済の質の高い包摂的な発展に貢献した。

しかし、デジタル技術を用いて金融サービスを合法的にコンプライアンスせずに提供することは、金融規制に大きな挑戦をもたらし、金融インフラひいては金融システムの安定に損害を与えていると指摘している。

ここ数年来、我が国は『デジタル経済発展戦略要綱』、『第14次5カ年計画』を公布し、情報の安全を維持し、公平な競争を促進し、プラットフォーム経済の規範的な発展を促進する一連の法律法規を集中的に公布し、デジタル貿易規則と関連協定の国際交渉に積極的に参加した。デジタル経済は我が国の新たな発展構造を構築し、質の高い発展を実現し、経済のグローバル化を促進するためにより良い助力をするだろう。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520