语言切换
ニュース News

経済大省は勇敢に大黒柱を担い、積極的に積極的に最善の結果を目指す

日付: 2022-09-14
閲覧: 0

経済が回復すれば、勢いは落ちてはいけない。7月28日、中国共産党中央政治局会議は、経済大省は勇敢に大黒柱を担い、条件のある省は経済社会の発展予想目標の達成に努めなければならないと提案した。最近、経済大省政府の主要責任者座談会、国務院常務会議は前後して安定成長の政策的配置を続けている。「大黒柱」省には何の下地があるのか。どのようにして安定成長の重点を見つけるのか。経済発展はどのようにして国全体の一手を堅持すべきか。証券時報記者はこれについて、多くの専門家や市場関係者を取材し、霧を一掃し、方向を明らかにすることを期待している。

このほど開かれた経済大省政府の主要責任者座談会は、広東省、江蘇省、浙江省、山東省、河南省、四川省など6省が発展の大役を任され、下半期に経済の重要な支えとなる役割を積極的に発揮することをさらに明らかにした。

経済総量は全国の45%を占め、市場主体数は全国の4割以上を占め、40%以上の就業に貢献し、輸出入と外資利用は全国の6割近くに達し、4つの沿海省は地方が中央財政の純上納に6割以上貢献した……一つ一つの自慢の成績は、「大黒柱」6省の経済発展活動に対する肯定であるだけでなく、同様に6省の発展は経済面が広く、産業チェーンのサプライチェーンに深く関与していることを説明し、経済成長率を保つ重荷。

実際、リードすべき経済大省は上半期に多くの予想を上回る要因に集団で衝撃を受けた。「大黒柱」6省の半年間の経済成長率は、年初両会で確立された成長率目標に遠く及ばない。その中で、山東省の半年の経済成長率のレベルは最も高く、目標の成長率との差は最も小さい、江蘇省の半年間の経済成長率水準は最も低く、目標成長率との差は最も大きい。

国泰君安証券研究所の董琦首席マクロアナリストの統計によると、経済発達省は湖北省を除いて、上半期に実現した経済成長率は一般的に各地の両会の成長率目標を大幅に下回った。彼は、経済の「機関車」が一時的に「停止」し、主に回復の基礎が不安定で、財政の基本盤が動揺するリスクに直面していることを示していると考えている。政治局会議が「経済大省は勇敢に大黒柱を担う」と強調した根本的な原因でもある。

しかし、「機関車」たちの7月の経済データはいずれも発展の底を見せている。6省の投資現状を見ると、今年1~7月、全国の固定資産投資(農家を含まない)は前年同期比5.7%増加し、6省のうち、広東省、江蘇省の2省だけが全国の大皿に勝っていない。浙江、山東、河南、四川の累計前年同期比上昇幅はそれぞれ10.1%、6.2%、10.1%、6.1%に達した。

消費状況を見ると、7月、山東省を除く他の「大黒柱」省の当月社のゼロ総額の伸び率は着実に回復した。北京工商大学商業経済研究所の洪涛所長は証券時報記者に対し、4 ~ 7月の表現から見ると、住民の商品消費全体が底をついていると述べた。

対外貿易の状況を見ると、1~7月、6省の浙江、山東、四川、江蘇の対外貿易は前年同期比10%増の水準を大幅に上回り、それぞれ19.4%、18.8%、12.7%、11.5%だった。江蘇、四川、河南、山東、浙江の実際の外資利用は比較的速い伸び率を維持している。

政治局会議の「勇敢に大黒柱を担う」という発展要求に対して、6つの経済大省も最近積極的に取り組み、下半期の経済活動を次々と配置し、安定した経済大盤攻略戦をしっかりと戦うことを明らかにした。

上半期の経済成長率が横ばいまたは全国水準を超えた山東省、浙江省、河南省、四川省の4省は、より具体的な発展目標を掲げている。例えば、年初の目標成長率が5.5%と予想されている山東省は「前を歩き、新局を開く」ことを明確にし、通年の経済社会発展の予想目標を全力で実現する。浙江省は下半期のGDP(地域総生産)の6%増、住民消費価格の上昇幅を3%以内、都市部調査の失業率を5%以内に抑える発展目標を明確に打ち出した。四川省は年間全省のGDP成長率が全国の1ポイント前後を上回るように努力し、年間目標の任務を達成するよう努力することを提案した。

河南省は具体的な発展成長率目標を公表していないが、「第3四半期を奮闘し、下半期を決戦し、年間の各仕事の任務をしっかりと遂行するよう努力する」ことを明確に要求している。河南省社会科学院の課題チームはこのほど、下半期に河南省の経済成長率が徐々に回復し、全体的に前低後高、安定中向好の態勢を呈し、年間経済成長速度は全国レベルを上回っていると書いた。

広東省、江蘇省の上半期の経済成長率は全国レベルに及ばず、明確な下半期の目標成長率は設定されていないが、全国経済の大皿を安定させるために努力することを強調している。その中で、広東省は第3四半期、下半期の経済成長を目指す。江蘇省は自信を固めて揺るがず、目標をかみ締めてリラックスせず、安定した字を頭にし、安定した中で前進を求め、旬をもって月を守り、月をもって季節を守り、経済の合理的な区間での運行を確保しなければならないことを明らかにした。

中国社会科学院工業経済研究所研究員で中国地域経済学会の陳耀副会長兼事務総長は証券時報記者に対し、「現在も経済修復のプロセスは安定しておらず、一部の省では今年初めに定めた発展目標を達成することが困難になっている」と述べた。広東省、江蘇省など上半期の経済成長率が全国レベルに達していない省のように、下半期に具体的な成長率目標を設定していないのは実務的な表現であり、これらの経済大省が全国の大皿に貢献するには、下半期にまず全国平均レベルへの回帰に力を入れ、それから最善の結果の実現を目指す。

陳耀氏によると、四川省は年間経済成長率を「全国レベルより1ポイント高い」に設定したことは肯定的であり、四川省の積極的な「大黒柱を担う」精神を十分に示しているだけでなく、下半期の経済発展に対する四川省の自信とやる気を示している。河南省、山東省、浙江省など上半期の経済発展が靭性を維持している省は、明確な経済成長率指標を設定したり、予想目標を全力で達成することを強調したりすることで、下半期にも安定成長に力を入れるという予想を伝えた。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520