语言切换
ニュース News

報告書によると、ここ10年の我が国のGDPは年平均6.6%増加し、世界経済成長への平均寄与率は30%を超えた

日付: 2022-09-19
閲覧: 0

国家統計局(魏玉坤記者)がこのほど発表した第18回党大会以来の経済・社会発展成果シリーズの報告によると、2013年から2021年にかけて、我が国の国内総生産(GDP)は年平均6.6%増加し、同期の世界2.6%と発展途上国の経済体3.7%の平均成長水準を上回った。世界経済成長への平均寄与率は30%を超え、世界一となった。

報告書によると、年平均為替レートで換算すると、2021年の我が国経済総量の世界経済に占める割合は18.5%に達し、2012年より7.2ポイント上昇し、世界第2位を確実に占めた。2021年、我が国の一人当たりGDPは80976元に達し、価格要素を差し引いて、2012年より69.7%増加し、年平均6.1%増加した。

革新的発展の原動力が強化され、革新的な国家建設が新たな進展を遂げた。我が国の研究開発費の総量は2013年に日本を上回り、世界第2位の研究開発費投入国となった。世界知的所有権機関の報告書によると、我が国のグローバルイノベーション指数の順位は2012年の34位から2021年の12位に躍進した。

協調発展の足並みは安定しており、経済構造は絶えず最適化されている。2021年、製造業の増加値は31兆4000億元に達し、2012年の実質より74.3%増加した。2021年、最終消費支出の経済成長への貢献率は65.4%で、2012年より10ポイント上昇し、経済成長の第1牽引力となった。

グリーン発展の態勢が良くなり、人と自然の調和共生が形成を加速させる。2021年、全国の地級以上の都市の平均空気質優良日数の割合は87.5%で、2015年より6.3ポイント上昇した。2013年から2021年にかけて、全国の造林総面積は約5944万ヘクタールに達した。

開放的な発展はより高いレベルに進み、全面的な開放の新しい枠組みの形成が加速している。2020年、我が国の貨物とサービス貿易総額は5兆3000億ドルに達し、初めて米国を抜いて世界第1位の貿易国となった。2021年、貨物とサービスの貿易総額は6兆9000億ドルに達し、世界一を維持し続けている。

共有発展は持続的に強化され、発展の成果はより多く、より公平に全人民に恩恵をもたらす。現行の貧困基準では、2013年から2020年にかけて、全国の農村貧困人口は累計9899万人減少し、貧困発生率は年平均1.3ポイント低下した。2013年から2021年にかけて、全国の就業者は7億4000万人以上に安定している。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520