语言切换
ニュース News

上部組織の強大な運動エネルギーは内側から生まれる

日付: 2022-09-19
閲覧: 0

上海協力機構加盟国首脳理事会第22回会議は15日から16日までウズベキスタンの古城サマルカンドで開催された。今回のサミットは新型コロナウイルスの流行後、メンバー国の元首が完全にオフラインモードで行われた初会合だ。ロシア・烏間の衝突流出効果の持続的な拡散を背景に、今回のサミットは地域の安全、貿易金融、相互接続、人文協力に焦点を当てるほか、気候変動、サプライチェーンの安全、エネルギーの安全、食糧の安全などの議題を重点的に討論し、人員拡大を秩序立てて推進する。

しかし、大国のゲームゲームの新たな趨勢と地域の安全保障の新たな枠組みに直面して、西側の一部の政治家学者は「民主的対抗権威」の叙事に依存して、冷戦思考の束縛の下で、「色眼鏡」を通じて上合サミットとその議事日程を絶えず評価している。まず質疑派は、上合組織のこの輪拡員が時間ノードでNATOがスウェーデン、フィンランドを吸収する「北拡」のプロセスと重なっていると考え、上合組織の位置づけが変わったと非難した。次に唱衰派で、上合組織の加盟国の間には調和が難しい矛盾があり、絶えず人員を拡大することは上合のガバナンス効果に影響すると考えている。また汚名派であり、強制的に「反西側集団」などのラベルを貼り付け、憶測的な上合は西側と対立するユーラシア構造を構築するだろう。

上合組織のメカニズム発展は各加盟国の主観的かつ積極的な推進に由来するだけでなく、相互信頼・互恵・平等な協議・協力による客観的な結果であり、各国が上合発展理念、原則目標、協力モデルに対して投じた「信頼票」であることを見なければならない。OECDの発展運動エネルギーは、同盟論理や対抗意識に基づいているのではなく、独自のメンバー構造、機能的位置づけ、協力志向に由来している。上海協力機構の目標ビジョンは、地域主導権の争いではなく、加盟国、本地域、さらには世界規模で直面している安全上の苦境、発展上の苦境、ガバナンス上の苦境に対応することである。実際、上海協力機構は外部の圧力や宣伝によって風に踊ることはなく、その協力吸引力、内部凝集力、核心競争力と持続的革新力などの内生的特質こそ、自ら飛躍的な発展を実現する鍵である。

一つは理念革新が協力の魅力を引き出すことである。今回のサミットの開催国であるウズベキスタンのミルジヨエフ大統領は、APECが強力な魅力を持つ鍵は、非同盟、開放、第三国や国際組織を標的にせず、各国の主権を平等に尊重し、内政干渉を拒否するなどの原則と地域の安全を維持し、多国間協力を促進するという理念にあると強調した。これらの核心的な原則と理念は、まさに「上海精神」という重要な理論と実践革新に由来している。「上海精神」の導きの下で、上海協力機構は発展計画、メカニズム建設、協力開拓の過程で、イデオロギーや価値観で線を引かず、強制的な責任分担を行わず、国の大きさや強弱に応じて発言の重みを設定せず、議題設置とメカニズム設計の上で「主従関係」を行わず、本地域に代わる他の各種組織や提案を追求せず、いわゆる「志を同じくする」小さな輪の構築を提唱しない、「相互信頼、互恵、平等、協議、多様な文明の尊重、共同発展の追求」という核心的価値に基づいて、独特な発展観、安全観、協力観、文明観と管理観を構築し、開放的で包容的な地域協力の模範になるよう努力する。

第二に、独自の位置決めは内部凝集力を明らかにする。上海協力機構は世界の多極化、経済のグローバル化が盛んに発展した21世紀初期に誕生し、善隣友好関係を深化させ、地域の安全と安定を強固にし、共同発展を図ることが生来の位置づけとなり、これは「冷戦のレガシー」であるNATOと根本的な違いがある。否定できないが、上海協力機構加盟国は政治体制、発展モデル、ガバナンスレベルに大きな違いがあるが、『上海協力機構憲章』などの一連の文書の締結・制定を通じて、加盟国は『国連憲章』と国際法を基礎として、より代表的で公平性のある国際秩序を構築し、平和、協力、繁栄、調和、持続可能な発展地域を建設する上で高度な共通認識を達成し、上合の「4つの共同体」建設の青写真は着実に推進されている。そのため、上合組織は「仮想敵」を捏造して凝集力を示し、「外部の脅威」を利用して内部の相違と矛盾を解消する必要はなく、陣営が対抗する冷戦思考に沿って勢力範囲を争う必要もない。

第三に、構造補完がコア競争力を際立たせる。地縁面では、上合組織は人員拡大を通じて「中央アジアの核心区」から南アジア、東南アジア、西アジアへの徐々にの延伸を実現し、代表性は絶えず向上している。機能面では、上海協力機構は単一の国境相互信頼メカニズムから政治、安全、経済、文化の4つの柱をカバーする総合プラットフォームに拡大した。主体面では、発展途上国と新興市場国を代表とする加盟国、オブザーバー国、対話パートナー国は、資源の素質、産業構造、歴史文化などの面でそれぞれ優位性があり、高度に補完的なメンバー構造を形成している。結果を見ると、上合加盟国の貿易総額は20年間で100倍近く増加し、世界貿易総額に占める割合は2001年の5.4%から2020年の17.5%に増加した。2021年、イランを含む上合加盟国のGDP総量は23兆5000億ドルに達し、世界のGDPの1/4近くに近づいた。これらの明るい数字の背後には、OECDメンバーの優位性が補完され、互いにチャンスとなるコア競争力が表れている。

第四に、需要志向は持続的な革新力を育む。多元的な需要に基づく協力の導きは、上合組織が絶えず発展する原動力である。多国間対話の需要に対して、上合組織は元首理事会、政府首脳理事会、外相理事会などを含む多層的な定期対話メカニズムを構築した。地域の安全ニーズに対して、上海協力機構麻薬取締センター、安全脅威と挑戦に対応する総合センター、情報安全センター、多国籍組織犯罪センターの取り締まりなどのメカニズムは絶えず改善されており、「上海協力機構-アフガニスタン連絡グループ」もアフガニスタン戦後の再建に建設的な役割を果たしている。経済発展の需要に対して、上合組織は加盟国の経済貿易協力のためにプラットフォームを構築するだけでなく、「一帯一路」の共同建設の重要な推進者となり、中国-上合組織地方経済貿易協力モデル区、ウズベキスタン-上合組織工業区などの革新的な協力実体を模索している。世界のエネルギー、金融、産業構造の新たな変化に対して、「上合エネルギークラブ」「上合開発銀行」を設立し、「上合サプライチェーン安定計画」を制定するなどの構想も将来の協力の中で注目される可能性がある。

上合組織の元首理事会会議の順調な開催に伴い、人員拡大に関するメカニズム化プログラムはより成熟し、協力の質とガバナンスの効率は引き続き向上し、代表的、普遍的、建設的な「上合大家族」はより魅力的になり、より多くの上合共通認識、上合案と上合貢献は地域の平和、安定と発展の重要な保障になることは間違いない。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520