语言切换
ニュース News

FRB、今年3回連続75ベーシスポイント利上げ

日付: 2022-09-22
閲覧: 4

米連邦準備制度理事会は21日、2日間の金融政策会議を終了し、連邦基金の金利目標区間を75ベーシスポイントから3%から3.25%に引き上げると発表した。FRBが今年3回連続で75ベーシスポイントの利上げを行った。

パウエルFRB議長は会議後に開かれた記者会見で、現在の高インフレをFRBの目標水準に下げるためには、米国経済はトレンド水準を下回る成長時期を経験し、労働市場も弱体化するだろうが、価格の安定を回復するためには特に重要なため、負担すべき苦痛だと述べた。

FRBが同日発表した最新の四半期経済予測によると、FRB当局者の昨年第4四半期から今年第4四半期の経済成長率に対する予測中央値は0.2%で、6月予測の1.7%を明らかに下回っており、米国経済の先行きに対する期待がより悲観的であることを示している。予測によると、FRB当局者の2023年第4四半期の米失業率予測の中央値は4.4%で、6月予測より0.5ポイント上方修正した。

パウエル長官は、インフレを抑制し、価格の安定を回復する過程で、比較的穏やかな失業率の上昇を実現し、経済の「軟着陸」を実現するには非常に挑戦的だと述べた。彼は、金融政策がさらに制限的なレベルに引き締める必要がある場合、あるいは引き締めるのにより長い時間が必要な場合、「軟着陸」の可能性が低下すると述べた。

パウエル氏はまた、8月下旬に放出されたタカ派のシグナルを再確認した。つまり、FRBのインフレ低減の決意を強調し、早期に通貨政策を緩和し、高インフレを固化させる深刻な結果を警戒している。

FRBの最新四半期経済予測によると、FRB幹部の今年末の連邦基金金利に対する予測中央値は4.4%で、6月予測の3.4%を明らかに上回った。来年末の連邦基金金利の予測中央値は4.6%だった。

FRBは今年3月に利上げサイクルを開始して高インフレに対応し、5回連続の利上げを行い、累計300ベーシスポイントの利上げを行った。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520