语言切换
ニュース News

我が国のモバイル・IoT接続数は16億9800万戸に達した

日付: 2022-09-23
閲覧: 1

我が国のモバイル・IoT接続数は16億9800万戸に達した

 

2022年9月21日、工業・情報化部によると、8月末現在、中国のモバイル・IoT接続数は16億9800万戸に達し、初めて携帯電話ユーザー数を上回った。

 

工業・情報化部のデータによると、2022年8月末現在、狭帯域IoT、4 G、5 G基地局の総数はそれぞれ75.5万個、593.7万個、210.2万個に達し、多網協同発展、都市・農村の普遍的カバー、重点シーンの深さカバーのネットワークインフラ構造が形成された。モバイルIoTは経済社会の発展の各分野の多段階に深く溶け込み、国内企業の技術と製品の研究開発能力は持続的に増強され、生態系は持続的に整備されている。

 

IoTの概念

 

モノのインターネット(Internet of Things、IoTと略称する)とは、各種情報センサー、無線周波数識別技術、グローバル測位システム、赤外線センサー、レーザースキャナーなどの各種装置と技術を通じて、リアルタイムに監視、接続、相互作用を必要とするあらゆる物体や過程を収集し、その音、光、熱、電気、力学、化学、生物、位置などの各種必要な情報を収集し、各種可能なネットワーク接続を通じて、モノとモノ、物と人とのユビキタス接続により、物とプロセスのインテリジェントな知覚、識別、管理を実現する。

 

ユビキタスネットワークは、独立してアドレス指定できる一般的な物理オブジェクトすべてを相互接続されたネットワークにするインターネット、伝統的な電気通信網などに基づく情報担持体である。

 

中研普華産業研究院が発表した「2022-2027年中国IoT業界市場全景調査研究と発展見通し予測報告」によると、

 

ここ数年来、モノのインターネット概念は産業応用との融合を加速させ、スマート都市と情報化全体方案の主導的な技術思惟となった。現在、モノのインターネットはすでに概念の宣伝、断片化の応用、閉ループ式発展から国境を越えた融合、集積革新と規模化発展の新しい段階に入り、中国の新型工業化、都市化、情報化、農業現代化建設と深く交差し、伝統産業のモデルチェンジとグレードアップ、新型都市化とスマート都市建設、人民生活の質の絶えず改善の面で重要な役割を果たし、明らかな成果を収めた。

 

ユビキタスネットワーク業界の現状分析

日常生活の中で、IoTの応用シーンはどこにでもある:コンビニは人手で販売する必要はなく、ユーザーはコードをスキャンしてドアを開け、自分で選択して購入し、ドアを閉めるとシステムは選択した商品を自動的に識別し、引き落とし決済を完了することができる、各種家庭電化製品にスマートネットワーク接続チップを搭載し、真の「ヒューマン・インタラクション」を実現し、より良い使用体験をもたらす、病院では、IoT技術による遠隔手術、遠隔治療を行い、治療効率を大幅に向上させた。高速道路の交差点では、カメラがナンバープレート情報を自動的に識別し、経路に応じて料金を徴収し、運行効率を高め、車両の待ち時間を短縮する。

現在、IoTと5 G通信業界は急速に発展し、スマートホームの発展のために堅固な基礎を築いている。データによると、世界のモノのインターネット接続数は爆発的な増加を示し、2020年には世界のモノのインターネット接続数は131億個に達し、2025年には240億個に達する見込みで、2020-2025年の年平均複合成長率は12.87%に達し、その中でスマートビルとスマートホームが重要な成長点となっている。5 Gは次世代移動通信技術として、伝送速度が速く、伝送が安定し、高周波伝送の優位性があり、世界の主要国は次々と5 G基地局の建設に力を入れている。

中国インターネット協会が発表した「中国インターネット発展報告(2021)」によると、中国のモノのインターネット産業規模はすでに1兆7000億元を突破し、2022年にはモノのインターネット産業規模は2兆元を超える見通しだ。2025年には、中国の移動体ネットワーク接続数は80.1億に達すると予想されている。

42のプロジェクトがIoT分野で重要なコア技術の突破を遂げたか、IoTと5 G、ビッグデータ、人工知能、ブロックチェーンなどの面で技術融合革新を行った。その中で、5 Gの融合応用が大きな目玉となっている。例えば、5 G+AIに基づく車路協同技術の研究と検証、工業多シーン5 G向けスマートゲートウェイの開発と応用、5 G+北斗に基づく高精度測位キー技術の研究と応用など。

工業・情報化部など8部門は共同で『IoT新型インフラ建設3か年行動計画(2021-2023年)』を印刷・配布した。2023年末までに、国内主要都市にIoTの新型インフラを初歩的に構築し、社会現代化ガバナンス、産業デジタル化のモデルチェンジ、民生消費のグレードアップの基礎をより強固にすることを目標とする。業界標準システム、ネットワークデータの安全性、知的財産権などの面で絶えず改善・向上し、IoTの健全な発展をサポートすることを強調した。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520