语言切换
ニュース News

国家は個人年金制度の税収優遇政策を制定する

日付: 2022-09-28
閲覧: 1

国務院弁公庁がこのほど印刷・配布した「個人年金の発展推進に関する意見」によると、国は税収優遇政策を制定し、条件に合致する人員が個人年金制度に参加し、規則に基づいて個人年金を受け取ることを奨励する。

複数の権威ある専門家は、税金優遇支援は年金の第3の柱の発展を推進する重要なエンジンであり、個人の個人年金投資構築への参加を誘導する鍵でもあると述べた。個人年金制度の定着に伴い、関連する税制優遇制度の導入が加速する見通しだ。

1990年代以来、我が国は第一支柱基本養老保険を主体とし、第二支柱職業養老と第三支柱個人養老を補充とする多層的、多支柱養老保険システムの構築を徐々に模索してきた。

個人年金の発展を推進するため、財政部など5部門は2018年4月に「個人税収繰延型商業養老保険の試行展開に関する通知」を発表し、上海市、福建省(厦門市を含む)と蘇州工業園区で個人税収繰延型商業養老保険の試行を展開し、一定の税収優遇を与えた。ある業界専門家は、第3の柱である個人年金が成功するかどうかの鍵は1つの指標であり、カバー面であると指摘している。個人税繰延型商業養老保険の試行4年間の状況を見ると、カバー面は依然として狭い。

「試行税収とは、個人が年金を受け取るには7.5%の税金しかかからないことを意味する」。北京国家会計学院の財政税政策と応用研究所の李旭紅所長は上海証券報記者の取材に対し、第3の柱に関連する税収優遇にさらに力を入れることができ、税収繰延型商業養老保険の免税給与金額の基準を適切に引き上げ、税収優遇政策を通じてより多くの人々を第3の柱に参加させ、公共養老システムの圧力を軽減することができると述べた。

李旭紅氏はさらに、今後、第3の柱が養老システムに有力な支援を提供できるようになった場合、基本養老保険の納付割合をさらに下げ、市場主体の社会保障納付負担を軽減し、市場の活力をさらに引き出すことができると述べた。また、年金を受け取る際には適切に税率を下げることができ、個人年金の吸引力をさらに高めることができる。

中国財政予算業績特別委員会の張依群副主任委員は上海証券報記者の取材に対し、「政府の誘導、市場運営、秩序ある発展」の原則に基づいて、財税優遇政策の支持は個人の個人年金投資への参加を誘導する鍵であると述べた。第一に、個人年金投資部分が個人税控除の範囲に組み入れられ、より多くの人が個人年金制度の構築に参加することを奨励する。第二に、個人年金投資収益に対して個人所得税を免除し、個人年金投資収益と吸引力を増加させる。

「注意しなければならないのは、個人年金の財政・租税優遇政策と国の産業政策、金融機関の安全発展政策との相互接続と相互作用であり、個人年金を国が急を要する発展の重点分野、基礎分野に投入するよう誘導し、奨励し、個人年金投資の安全を第一の前提条件として、個人年金制度を個人投資の重要なルート、年金補充の付加価値ルート、金融和的で安定した安全ルート、産業発展の支えルート。」張依群は言った。

「個人年金の発展推進に関する意見」では、個人年金参加者は個人年金情報管理サービスプラットフォームを通じて、個人年金口座を構築することに言及した。個人年金口座は、個人年金制度に参加し、税優遇政策を受けるための基礎となる。また、受け取る際には、個人年金を個人年金資金口座から本人社会保障カード銀行口座に振り込む必要があります。

これに対し、李旭紅氏は、ある意味で、今回の個人年金制度設計はすでに基本養老保険との連動性を実現しており、税収徴収管理プラットフォームはすでに基本養老保険に対する徴収管理を実現しているため、個人年金と税収徴収管理プラットフォームの相互作用は、個人年金制度の規範、安定、効率的な実施を保障することができると考えている。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520