语言切换
ニュース News

7月の輸出入は前年同期比16.6%増我が国の対外貿易の伸び率は持続的に回復

日付: 2022-09-28
閲覧: 3

税関総署がこのほど発表したデータによると、今年7カ月前、我が国の貨物貿易の輸出入総額は23.6兆元で、前年同期比10.4%増加した。そのうち、輸出は13兆3700億元で、前年同期比14.7%増加した。輸入額は前年同期比5.3%増の10.23兆元、貿易黒字は3兆1400億元で、62.1%拡大した。

今年に入ってから、我が国は効率的に疫病予防と経済社会の発展を統一的に計画し、対外貿易輸出入は外部環境の逼迫、疫病短期衝撃など多くの不利な影響を克服し、前7ヶ月の累計増加率は2桁に達した。

「7月当月、我が国の輸出入は前年同期比16.6%増加し、5月以来の対外貿易の伸び率の持続的な回復態勢を継続し、マクロ経済の大皿の安定に積極的に貢献した」と述べた。税関総署統計分析司の李魁文司長は言う。

   長江デルタが試練に耐える

  7月は前年同期比25.7%増、全国対外貿易成長への貢献率は5割超

上海宝山区の汎成コンテナ監督管理ステーションの分割倉庫に入ると、従業員は各種類の大きさが異なり、さまざまな貨物に対して入庫、解体、検査、引き上げ作業を行っている。

「6月以来、入箱量も企業の集荷量も大幅に増加し、物流は現在フル稼働している」上海呉淞海関員の魏剣華氏と李敏氏は倉庫内で午前中忙しかった。彼らは記者に、6月、呉淞海関は累計3万7000ロットの出荷を監督管理し、前年同期比46.3%増加し、前月比3.7倍増加したと伝えた。

データによると、最初の7カ月間、長江デルタ地域の3省1市の輸出入は前年同期比11.7%増加し、上半期より2.5ポイント増加した。7月当月は前年同月比25.7%増加し、全国の対外貿易成長への貢献率は5割を超えた。

対外貿易の安定と外資の安定は経済の全局、就業の大局にかかわる。今年に入ってから、我が国は一連の措置を公布し、産業チェーンのサプライチェーンの安定に力を入れ、対外貿易企業の受注保護、市場保護、自信保護を支援してきた。

上半期、上海の対外貿易は疫病の試練を受け、操業再開と生産再開の加速推進に伴い、産業チェーンのサプライチェーンは修復に向かい、社会運営は徐々に常態に戻り、輸出入は安定した回復を続けた。6月、対外貿易企業は全力を尽くし、同月の上海市と上海港の輸出入は共にマイナスからプラスに転じ、前年同期比の伸び率はそれぞれ9.6%、2.8%に達し、4月よりそれぞれ46.2と41ポイント回復した。

経済回復と再生の段階に入った後、上海の関連部門は対外貿易現場の作業モデルをさらに強固に最適化し、「無随伴検査」「合同検査」などの疫病期間の検査措置を常態化メカニズムに固化させ、対外貿易企業の満足度と獲得感を高めることを推進した。

7月12日、上海海通国際自動車埠頭の夜の帳の初め、比亜迪ブランドの新エネルギー車400台が上海外港税関の保障の下、転装輪に乗り、汽笛の轟音とともに順調に出荷され、ニュージーランド市場に輸出された。

「今回の輸出車両は数が多く、すべて海通埠頭に到着した時、配車された転造輪の離泊時間まで4時間しか残っていなかった。私たちは状況を理解してから最初に『グリーン通路』を開いた」と上海外港税関検査九科の陳佳課長は紹介し、外港税関と港区埠頭の協力の下で、わずか2時間で検査・放行のすべての流れを完了した。

今年上半期、海外高橋港からの累計輸出台数は国産車46.5万台で、前年同期比30.4%増加した。6月の同月、国産自動車の輸出台数は7万1000台で、前月比18.2%上昇し、前年同月水準を上回った。

対外貿易外資企業の人員出入国、要素保障などの面での突出した問題をさらに解決するため、浙江省政府弁公庁はこのほど、「対外貿易安定外資支援に関する10の措置」を印刷、配布し、「出て行く」ことと「導入してくる」ことの円滑化を保障した。浙江省はまた、輸出信用保険のカバー範囲をさらに拡大し、関連企業のカバー範囲の完全な実現を目指す。杭州税関のデータによると、今年上半期、浙江省の輸出入は2兆2600億元で、前年同期比17.3%増加した。そのうち、輸出は1兆6600億元で、20.3%増加し、輸入は5947億4000万元で、9.8%増加した。

  RCEPは新たなチャンスをもたらす

   7月の我が国のRCEP貿易パートナーへの輸出入は前年同期比18.8%増加

「RCEPによる政策的配当金は海外市場の開拓に役立ち、次はタイ、シンガポール、ベトナムなど他のRCEP加盟国の製品輸入に関する要求をさらに理解し、製品をこれらの国に販売するよう努力します」内モンゴル宇宙人ハイテク産業有限責任公司の張昊責任者は言う。

このほど、同社は115トン、162万元の砂棘原漿製品のロットを「地域包括的経済パートナーシップ協定」(RCEP)原産地証明書に申請した。この証明書により、これらの製品は日本で3万元以上の関税優遇を受けることになる。今年に入ってから、同社は砂棘原漿、砂棘カプセルなどの砂棘シリーズ製品2556トン、商品価値3516万元を輸出した。

今年1月1日にRCEPが正式に発効し、地域経済の相互接続と貿易投資協力をさらに深化させ、地域経済の回復と発展に新たな原動力を提供し、対外貿易の質の高い発展を促進する重要な力となった。

データによると、最初の7カ月間、ASEAN、EU、米国、韓国は我が国の上位4大貿易パートナーであり、それぞれ輸出入3.53兆元、3.23兆元、2.93兆元、1.39兆元で、それぞれ13.2%、8.9%、11.8%、8.9%増加した。同期間、我が国と「一帯一路」沿線諸国の貿易往来はより緊密になり、輸出入は前年同期比19.8%増加し、RCEPの他の14の加盟国と同7.5%増加した。7月当月、我が国のRCEP貿易パートナーに対する輸出入は1兆1700億元で、前年同期比18.8%増加し、全体の輸出入を5.6ポイント増加させた。

フフホト税関は農畜産物生産基地の建設をめぐって、通関監督管理措置を最適化し、特色ある農産物企業がRCEP政策の優遇をうまく利用し、関連市場を開拓することを支持している。上半期、内蒙古自治区はRCEP貿易パートナーに対して農産物を8億元輸出し、前年同期比17.7%増加した。

南京税関は「クラウド宣伝」、インターネット中継、オンラインインタビュー、政務ホットラインインタラクションなどの形式を総合的に運用し、企業にRCEP関税優遇政策の利用を支援するためにカスタムトレーニングを提供している。1月から7月にかけて、南京税関は企業のためにRCEP原産地証明書4万29万部、ビザ金額152.37億元を発行した。

「私たちが輸出したギ酸製品の日本での輸入税率は4.3%からゼロ関税に、ヘキサフルオロプロピレンの税率は3.1%から0.3%に引き下げられました」魯西化学工業グループ販売管理部の張慶国処長は、関税コストの削減が企業の日本市場での競争力を大幅に向上させ、今年上半期の会社の対日本輸出額は前年同期比30%増加したと明らかにした。

統計によると、上半期、山東省内の税関、貿易促進会は合わせて5万9000ロットの輸出貨物にRCEP原産地証明書を発行し、輸出享恵貨物は183億9000万元だった。

   政策措置の着地加速

  前7カ月間の輸出入実績のある対外貿易企業数は前年同期比5.8%増

7月19日、広州税関所属の広州駅税関の監督管理を経て、100個の標準コンテナのLED照明器具、おもちゃ、服装靴などの「大湾区製造」商品が中欧班列を搭載して広州国際港から出港した。今年上半期、広州税関は中欧クラス133列を監督管理し、2021年の出荷総数を半年繰り上げて超え、貨物価値は約30.41億元で、前年同期よりそれぞれ95%、48%増加した。

疫病の影響で国際物流輸送の渋滞が増加し、対外貿易主体の両端が圧力を受けている。各地の各部門は企業の救済を支援するための各配置要求を真剣に実行し、確実な措置で企業の悩みを解決する。

広東省の関連部門は入出国物流の効率を引き続き高め、「24時間予約通関」「班列取扱専用窓」などのサービスを堅持し、企業の税関手続きを便利にするとともに、企業の輸出入商品構造の最適化を強化し、貨物の回転速度を高めるよう指導する。7月以来、広州中欧クラスの貨物供給源企業は増加を続けている。

データによると、最初の7カ月間、我が国の輸出入実績のある対外貿易企業数は52.6万社で、前年同期比5.8%増加した。そのうち、民間企業の輸出入は11兆8000億元で、15.3%増加し、我が国の対外貿易総額の50%を占めた。

8月4日、天津華源時代金属製品有限公司の生産現場で、髪の毛のように細い亜鉛メッキ針金が、生産ライン上で規則的に鼓動し、プラスチック軸に巻き取られた完成品である。労働者たちは忙しく梱包箱を開けており、その後、これらの製品は海外市場に輸出される。

「疫病の影響で原材料や輸送コストが上昇している。関連部門は対外貿易の安定向上を促進するための多くの措置を適時に打ち出した。これは私たちにとって『適時雨』のようなものだ」。同社のマーケティング部長の馬暁偉氏は言う。

港の疫病予防とコントロールを厳密に行うと同時に、天津は重点地域の産業チェーンのサプライチェーンの循環円滑化の保障に力を入れ、輸出入貨物の通関効率をさらに高める。天津税関は専門員を派遣して専門家の新「小巨人」企業の信用育成を行い、企業に事前申告、船辺直提、港着直装、ペーパーレスビザなど多くの便利化政策を重畳して応用するよう指導し、専門家の新中小企業にエネルギーを与える。

今年上半期、天津市専精特新「小巨人」企業の輸出入額は合計28億2000万元で、前年同期比28.3%増加した。

税関総署の専門家によると、現在、我が国の対外貿易の発展は依然としていくつかの不安定な不確定要素に直面しており、安定した品質向上はまだ多くの圧力に直面しているという。しかし、全体的に見ると、前7カ月の中国の対外貿易は「ストレステスト」の粘り強さを担いで、年間の対外貿易の安定した質の向上のために堅固な基礎を築いた。安定した経済の一連の政策・措置が着地を加速させ、対外貿易・物流がさらに円滑になり、企業の操業再開・生産達成がさらに加速されることに伴い、我が国の対外貿易輸出入は引き続き安定した成長の勢いを維持する見込みである。



著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520