语言切换
ニュース News

国立公園建設の若干の財政政策を推進する

日付: 2022-09-30
閲覧: 0

国務院弁公庁はこのほど、財政部、国家林草局(国立公園局)の「国立公園建設の推進に関する若干の財政政策意見」(以下「意見」と略称する)を転送し、国立公園を主体とする自然保護地体系財政保障制度の構築を推進した。

  生態文明と美しい中国の建設は有力な支えを提供する。

『意見』は、多措置並進を堅持し、政策協力を強化し、支出責任を明確にし、多元資金を統一的に計画し、「一類一策」を実行し、分類して秩序立てて推進し、予算のパフォーマンスを重視し、監督管理を強化しなければならないと提案した。2025年までに、国立公園を主体とする自然保護地システムの財政保障制度を基本的に確立し、2035年までに、国立公園を主体とする自然保護地システムの財政保障制度を整備、健全化する。

『意見』は生態系保護修復の支持、国立公園の創建と運営管理の支持、国立公園の協調的発展の支持、科学研究と科学普及の宣伝と教育の保護、国際協力と社会参加の支持を含む5つの財政支援の重点方向を確定した。

『意見』は5つの方面から財政支援政策体系を確立することを明確にした。第一に、国立公園の中央と地方の財政事権と支出責任を合理的に区分することである。国立公園の建設と管理の具体的な事務を、中央と地方の財政事権に細分化して確定し、中央と地方はそれぞれ相応の支出責任を負う。第二に、財政資金の投入と統一的な調達に力を入れる。財政投入を主とする多元化資金保障制度を確立する。第三に、生態保護補償制度を確立し、健全化する。重点生態機能区の移転支払いに徐々に力を入れ、森林、草原、湿地などの分野の生態保護補償メカニズムを確立し、健全化する。第四に、落細関連の税収優遇政策と政府のグリーン購入などの政策を実行する。条件に合致する企業または個人の寄付に対して、規定に従って相応の税収優遇を享受することができる、政府のグリーン調達政策の要求に合致する製品に対して、政府調達に力を入れる。第五に、多元化資金調達メカニズムを積極的に革新する。企業、社会組織と公衆の国立公園建設への参加の積極性を引き出し、多二国間開発機構の資金を利用して関連分野の建設を支援する。

『意見』は、各地域、各関係部門は高度に重視し、責任主体を実行し、仕事の合力を形成しなければならないと強調した。財政部は国家林草局(国立公園局)などの関係部門と共同で国立公園財政保障「1+N」制度体系を構築した。業績管理方法を制定し、業績評価結果の運用と監督管理を強化し、予算執行効率と国立公園建設の効果を確保する。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520