语言切换
ニュース News

不足時の米石油輸出制限など、OPEC減産決定への対応を検討

日付: 2022-10-08
閲覧: 0

10月5日、石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC産油国の第33回閣僚級会議がオーストリア・ウィーンで開催され、11月から原油総生産量を1日平均200万バレル下方修正することが決定した。

米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、OPECの減産決定は、市場統制を打破するための措置や、不足時に米国の石油輸出を制限するための措置を含む可能性があるとして、米国に対応を検討するよう促した。

バイデン氏と米議員はこの決定を非難し、OPECとその最大産油国サウジに対する米国の報復行動の可能性を高めた。米国議会の指導者は、米国がOPEC加盟国をWTOに提訴したり、米国の独占禁止法の適用範囲に組み入れることができるように法律を制定することを脅している。

米国政府当局者はすでにガソリンやディーゼル油の輸出禁止を検討しており、全米各地で不足が発生するという最悪の状況に対応することができる。しかし、官僚たちはこれが理想的な選択ではないことを認め、石油業界のアナリストは、恐怖を引き起こしたり、市場でボトルネックになったりして価格が上昇したりする可能性があり、逆効果になる可能性があると述べた。

ホワイトハウスはまた、米石油メーカーに生産量の増加を呼びかけた。しかし、石油メーカーの増産への意欲は、今世紀最初の10年間の多くの時間で低リターンに悩まされている一部のウォール街の投資家に阻まれており、石油メーカーには、現金をより多くの石油生産に再投資するのではなく、株式買い戻し、債務返済、配当金を通じて株主に現金を還元することに重点を置くよう求めている。

報道によると、米議員らはOPEC加盟国の米国資産を差し押さえたり、米軍にサウジとアラブ首長国連邦からの撤退を強要する可能性がある議案の提出を求めている。

中央テレビのニュースによると、OPECと非OPEC産油国の第33回閣僚級会議が終わった後に発表された声明によると、世界経済と石油市場の先行きの不確実性、および石油市場に対する長期的な指導を強化する必要があることから、2022年11月からOPECと非OPEC産油国は8月に要求された生産量レベルに基づいて、総生産量を1日平均200万バレル下方修正することを決定した。そして、2020年に合意した減産合意を2023年末まで1年延長する。

市場アナリストは、これまで複数の産油国が生産能力の割り当てに達していない状況が発生しているため、実際の減産の効果は1日平均100万バレルを下回るが、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、イラク、クウェートは実際の削減量が最も大きい国になる可能性が高いとみている。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520