语言切换
ニュース News

インタビュー:ECBの受動的利上げは米金融政策の衝撃には勝てない―ローマ欧州大学経済学教授ギド・トラフィカント氏を訪問

日付: 2022-10-18
閲覧: 1

欧州中央銀行の受動的な利上げは米通貨政策の衝撃に耐えられない―ローマ欧州大学経済学科のギュード・トラフィカント教授を訪問

新華社記者の賀飛

ローマ欧州大学経済学教授のギュード・トラフィカント氏はこのほど、新華社記者のインタビューに応じ、米連邦準備制度理事会の急進的な利上げがドルの持続的な強さを後押しし、ユーロ圏の元本安、インフレ圧力の増加、資本流出を招いたと述べた。トラフィカント氏によると、欧州中央銀行はFRBの決定受動的な利上げに継続的に追随することは難しく、今後しばらくの間、FRBの急進的な利上げがユーロ圏と欧州地域にもたらすマイナスのオーバーフロー効果を解消することはできないという。

FRBは3月以降、累計300ベーシスポイントの利上げを行っている。これを受けてユーロは対ドルで下落を続け、9月には20年ぶりの安値を更新した。

FRBの急進的な利上げはユーロ圏に深刻なマイナス影響を与えた。トラフィカント氏によると、FRBは金利を引き上げ、資本の米国への流動を推進している。ユーロが相対的にドル安になると同時に、ユーロ圏債券市場は激動している。一部の加盟国の政府債利回りが上昇し、欧州政府の借入コストが増加した。イタリアでは、公的債務の高い企業に加え、ユーロ圏諸国が共通して直面している高インフレ、エネルギー危機などの要素もあり、金融情勢はユーロ圏諸国の中で特に緊張している。

デラフィカント氏は、FRBの急進的な利上げもユーロ圏のインフレが絶えず高い企業の主な影響要因の一つだと指摘した。9月、ユーロ圏のインフレ率は年率で10%に達し、過去最高を更新し、ECBの2%の中期インフレ目標をはるかに上回った。高インフレが続くことに対応するため、ECBは長年の金融緩和政策を経て、今年7月と9月の2回にわたってキー金利を引き上げなければならず、125ベーシスポイントの利上げを余儀なくされた。

トラフィカント氏によると、国際的な大口商品がドルで価格を計算しているため、米国の利上げとドルの相対的なユーロ高に伴い、欧州は大きな価格圧力に直面しており、欧州中央銀行、英中央銀行などは受動的な利上げを余儀なくされている。しかし、ユーロ圏経済が弱体化しているため、ECBの利上げペースは米国に追いつけない。トラフィカント氏は、通貨切り下げ問題のほか、欧州経済は地政学的緊張による追加の圧力に直面し、景気後退リスクが高まっていると指摘した。

トラフィカント氏は、欧州中央銀行は現在、FRBの急進的な利上げによる多くのマイナス影響に短期的に対応することはほとんどできず、欧州にとってマクロ経済面で直面する衝撃を軽減するためには政策措置を取らなければならないと考えている。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520