语言切换
ニュース News

長江デルタ地域におけるドメイン横断型低炭素発展サンプルの構築

日付: 2022-10-18
閲覧: 0

炭素ピーク炭素中和目標の下で、グリーン低炭素、省エネ・消費削減は社会各方面の関心の焦点となっている。最近、上海、海南、吉林を含む多くの地方政府は炭素達峰の実施案と関連意見、計画などの「路線図」を集中的に公表した。その中で、多くの地域はゼロ近くの炭素排出園区の試験地を建設することを表明した。


上海・江蘇・浙江省の境に位置する長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区はこのほど、「長江デルタ生態グリーン一体化発展モデル区炭素達峰炭素中和作業の実施方案」と「水郷リビング近炭素ゼロ特別計画」を発表した。モデル区執行委員会の責任者は、モデル区の炭素達峰炭素中和作業は長江デルタ一体化発展国家戦略を実行する重要な手がかりであり、関連方案は炭素達峰目標の探索と協同実行のために複製可能で普及可能な経験を提供し、ドメイン間の協調発展と「二重炭素」目標の実行のために有力な支持を提供することを目的としていると指摘した。


経済発展と炭素排出抑制を統一的に計画する


長江デルタ低炭素発展サンプルの構築に力を入れる


現在、モデル区の炭素達峰の主な目標は経済発展と炭素排出抑制を統一的に計画し、経済の持続的な成長を維持し、政府主導、市場駆動、業界共同統治、全国民参加の一体的な協同炭素削減構造の構築を加速し、エネルギー消費の「ダブルコントロール」から炭素排出総量と強度の「ダブルコントロール」への転換を積極的に推進することである。


具体的には、2025年までに、青呉嘉両区の1県がそれぞれ上級機関からの目標を達成した上で、モデル区のエネルギー消費強度を2020年より15%程度下げ、炭素排出強度を2020年より20%以上下げることを目指す。2030年までに、全体として率先して高品質のピーク達成と着実な低下を実現し、炭素中和目標の実現のために堅固な基礎を築いた。


これに対して、モデル区は5つの原則を堅持する:1つは一体的に協力して、緑色低炭素の発展レベルを向上させる。グリーン低炭素転換のリードを堅持し、省エネ・炭素削減の連動、グリーン交通ネットワークの構築、炭素集積能力の強化及びグリーン低炭素参入、炭素排出削減計算などの重点分野で一体的に協力して推進し、全体的にモデル区のグリーン低炭素発展レベルを向上させる。第二に、システムの推進、政策技術の集積エネルギーの強化である。地域の炭素削減政策のモデル区におけるシステム統合を際立たせ、新方法、新技術のモデル応用を強化し、グリーン低炭素技術の研究開発の突破を推進し、炭素ピーク達成目標の実現を力強くリードし、支持する。第三に、保存と並行して、穏当で秩序ある安全な達成を実現する。模範区のエネルギー資源の天賦に立脚し、穏当に秩序立てて在庫量を減らし、順を追って漸進的に増量を制御し、グリーン低炭素転換の安定した移行を推進し、穏当に秩序立てて安全にピークに達することを確保する。第四に、モデルのリードであり、地域のベンチマークテンプレートの特色を明らかにする。長江デルタ地域の優位資源を集め、集中的なリードと分類モデルに焦点を当て、グリーン低炭素モデル地区、園区、コミュニティ、プロジェクトを構築し、モデルリード効果の形成を加速させる。第五に、業界の共同治療、緑色低炭素転換の合力を凝集する。政府主導、市場主体を堅持し、科学的で合理的な市場化と多元化グリーン低炭素共同建設制度の革新を模索し、全国民が低炭素社会を共同建設することを推進する。


集中リードと分類モデルの双方向発力


水郷リビングの近ゼロ炭素計画の加速推進


関係機関の統計によると、各種産業園区の経済貢献率は30%以上に達し、同時に、工業エネルギー消費が全国エネルギー消費総量の60%以上を占めているため、工業園区の炭素排出量は全国総排出量の約31%に達することができる。新時期の炭素中和ビジョンの下で、産業園区建設の生態性と炭素中和特性はさらに注目されるだろう。


水郷応接間の炭素ゼロに近い特別計画はモデル区の関連仕事の重要な一環である。長江デルタ一体化モデル区実行委員会生態規建部の楊文敏副部長は、「関連計画はグリーン低炭素の理念と技術を水郷リビングの計画、建設、運営の全過程に溶け込ませ、産業、エネルギー、交通、建築、消費、生態などの分野におけるゼロに近い技術製品の総合集積応用を推進し、力を入れて減源、増匯、代替のゼロに近い炭素経路を模索し、地域、全国ひいては世界をリードする役割を持つカーボンピーク炭素中和リードエリアとテンプレート間。2025年までに、水郷リビングの緑色低炭素ノード性ブロック、機能性プロジェクトは主体工事と同時に基本的に建設され、炭素排出強度は明らかに低下した。2030年までに、炭素排出量はゼロ成長を実現し、生態炭素為替は明らかに増加し、水郷応接間はほぼゼロ炭素モデル区域を建設し、炭素中和モデル技術は率先して広く応用された。


水郷応接間の集中的なリードに加え、実際の操作では、モデル区は異なるエリアの分類モデルを推進した。例えば水郷応接間の原点周辺(方庁水院、創智エンジン、科創学園、会展村苑)では、グリーン低炭素先進技術の先行試験を積極的に推進し、分布式光起電力、地(水)源ヒートポンプ、水素エネルギー、バイオマス、近ゼロ炭素建築などの技術施設の応用に力を入れ、原点周辺の重点プロジェクトと同時に設計、建設、運行を行っている。「三園」(江南省圩田、桑基生簀、水郷湿地)の建設は近零炭素建築、低炭素循環立体農業、生態炭素為替技術の模範応用と水林田湖草湿の一体化保護修復に焦点を当て、増湿拡緑を大いに実施し、種の豊度と炭素の集能力を持続的に高め、良好な生態体験を提供する。


同時に、研創古鎮(青浦金沢)、智造藍湾(呉江汾湖)、数慧雲巷(嘉善大舜)の3つの産業機能区域の建設と発展を加速させ、「3区」建築の深度省エネ、再生可能エネルギー利用、総合エネルギー方案、グリーン総合交通、グリーン金融、ビッグデータエネルギーと経済、業態、モデル革新などを深く融合させる。


政策の賦能と技術の支えを両立させる


標準統一の拡大


特筆すべきは、現在、炭素データの収集、減炭素経路の選択、効果評価と取引の量子化基準が異なる問題が存在し、どのようにモデルチェンジの過程で地域と業界の経済発展をよりよくバランスさせるかが鍵となっている。


同済大学環境科学・工学院の郭茹副教授によると、長江デルタ一体化モデル区の水郷応接間を例に、上海・江蘇・浙江の2省1市に関連しているが、これまで上海・江蘇・浙江には独自の炭素排出計算基準があり、一部の口径が完全に統一されていなかった。これは、今はまだ多くの底を探る仕事が必要だということを意味しています。


このため、同済大学は学校の多くの学科をリードし、12近くの学院の先生と専門中堅がこの仕事に参加し、環境、都市規則、建築、土木、交通、農業などを含むほか、作業グループは三峡、中省エネ、宝業グループなどの企業力を連合して参加した。


同時に、関連機関は政策の賦能と技術支持の結合に力を入れた。


現在、モデル区は分野別、段階別、地域別一体協同の炭素排出削減支援と補助金政策の実行を積極的に模索している。例えば、モデル区の先行スタート区財政特別資金を利用して、モデル区の先行スタート区内で実施され、国家年度規模計画に組み入れられた太陽光発電プロジェクトに一定額の支持を与え、同時に、模範区の実際と結びつけて、先進的な低炭素ゼロ炭素負炭素技術の導入と試験的な応用を強化する一方で、一体化デジタルガバナンスプラットフォームとグリーン低炭素産業生態圏の共同建設を推進する。例えば、再生可能エネルギー開発、グリーン交通などの分野で先行して試験的なモデルを展開し、炭素恩恵規則の共同建設、基準の相互承認、情報共有、プロジェクトの相互承認を推進し、点を持って徐々に分野の範囲を拡大し、モデル区の炭素恩恵奨励メカニズムを構築する。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520