语言切换
ニュース News

個人年金市場は、保留中の投資家の参加意欲が強い

日付: 2022-10-19
閲覧: 3

『個人年金の発展推進に関する意見』(以下『意見』と略称する)が発表されて間もなく半年になる。現在、市場の各方面は積極的に準備し、個人年金市場を掘り起こしている。一部の機関のAppはすでに「個人年金」モジュールをオンラインにしており、一部の機関は事前に客引き予熱活動を展開している。同時に、個人投資家の参加意欲が強い。


金融機関の積極的な配置


中信証券首席経済家は「証券日報」の記者に対し、現在、一部の銀行と証券会社のAppが個人年金業務モジュールをオンラインにしており、各方面の準備はすでに完全に近づいており、年末には正式に運用される見通しだ」と明らかにした。


銀行を例にとると、現在、中信銀行、招商銀行など多くの銀行アプリが個人年金モジュールをオンラインにしているが、個人申請はまだ公開されていない。例えば、中信銀行Appの個人年金モジュールには「間もなく発売される」という文字が表示されています。招聘アプリは個人年金口座の「予約有礼」キャンペーンを開始し、10月18日現在、31510人が予約に参加している。個人投資家の参加意欲が強いことがわかる。


投資家の李氏は記者に、「私は個人年金に関心があり、機関が口座機能を開設した後、積極的に参加し、資金は専門の機関に投資したほうが安心だ」と話した。


「私は養老を計画しています。個人年金政策をよく見ています。自分が強制的に貯金するのを助けることに相当して、積み立てが多くなり、退職後に多額の資金を受け取ることができます。しかし、個人年金投資リスクが心配で、銀行を通じて財テク製品を買う計画です」と投資家の趙さんは言います。


投資家にとって、個人年金の配置は自分の具体的な状況とリスク選好を重視し、自分に合った製品を選択しなければならないと明らかにした。


武漢科技大学金融証券研究所の董登新所長は「証券日報」の記者に対し、個人年金に関する実施細則はまだ発表されていないが、各種金融機関はすでに積極的に配置しており、将来の個人年金口座の資産配置に十分な選択肢を提供する養老金融製品は業界内の共通認識に達している」と述べた。


投資面では、『意見』は、個人年金資金口座資金を規定に合致する銀行財テク、貯蓄預金、商業養老保険、公募基金などの運営安全、成熟安定、標的の規範、長期保険値を重視する異なる投資家の好みを満たす金融製品の購入に使用し、参加者は自主的に選択することができると規定している。このように、個人口座制の第3の柱である年金は投資可能範囲が広く、投資品種が多様化している。


董登新氏によると、現行の金融製品の種類と個人年金政策の規定から見ると、個人年金投資の範囲に入る資格のある金融製品は主に年金目標基金があり、目標期日基金、目標リスク基金を含む。銀行財テク子会社が開発販売した養老財テク製品、個人税繰延商業養老保険、商業銀行が発売した特定年金貯蓄製品、および主に基金会社、保険会社、商業銀行、証券会社、資本管理会社がそれぞれ開発した個性的な年金製品など。


「現在、各種類の製品が市場の認可と人気を受ける度合いには大きな違いがある。年金目標基金と年金財テク製品は最も人気のある2種類の年金金融製品だ」と董登新氏は言う。


関連措置が続々と打ち出される


現在、個人年金に関する細則が制定されている。証券監督管理委員会は今年6月24日、「個人年金投資公募証券投資基金業務管理暫定規定(意見聴取稿)」を発表し、個人年金投資公募基金の制度的配置を明らかにした。9月29日、銀保監会は各銀保監局、保険会社に「保険会社の個人年金制度への参加促進に関する事項に関する通知(意見聴取稿)」を発布し、保険企業の個人年金業務の経営資質、販売要求及び個人年金製品の保険製品カテゴリーを明確にした。


調査を受けた専門家は、関連する関連措置が続々と登場し、これらの政策はより多くの金融製品が個人年金製品の範疇に入るのに役立ち、金融製品の魅力と機構の年金参加の積極性を高めることが期待されるとみている。


個人年金の税優遇策も、同様に注目されている。9月26日に開かれた国務院常務会議は、政策支援、商業化運営の個人年金に対して個人所得税優遇を実施することを決定した。すなわち、納付者に対して年間12000元の限度額に基づいて税引き前控除を行い、投資収益はしばらく非課税で、受給収入の実際の税負担は7.5%から3%に下げる。


「個人年金の税優遇の規定により、実際の税負担が大幅に低下し、投資家の個人年金への参加意欲が向上する見込みがある」と中国財政学会業績管理特別委員会の張依群副主任委員は証券日報記者に語った。個人年金の安全性を効果的に保護し、安定した収益を実現することで、個人投資家の積極性をより大きく引き出すことができます。


董登新氏によると、個人年金の実施には政策優遇インセンティブを整備する必要があり、同時に、一部の政策はさらに細分化される必要がある。


将来の個人年金は3つの面で補助金を出すことができると提案している:1つは低所得者に直接補助金を支給すること、第二に、個人年金への第二の柱の積み替え制度を開放すること、第三に、税収控除の上限を引き上げる。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520