语言切换
ニュース News

改革が新たな成果を上げた中央企業の質の高い発展が先を争っている

日付: 2022-10-20
閲覧: 4

革新への投資を増やして収益力を高める

改革が新たな成果を上げた中央企業の質の高い発展が先を争っている

国務院国家資金委員会の配置によると、国有企業改革の3年間の行動任務は今年末までに全面的に完成することを確保しなければならない。国民経済の「安定器」と「バラストストーン」の中央企業として、質の高い発展を示す「答案」が続々と提出されている。業界関係者は、改革の効果が絶えず現れるにつれて、中央企業、特に上場中央企業は、利益能力が向上し、インセンティブメカニズムがより健全になり、科学技術革新能力が絶えず強化され、発展能力と企業価値が徐々に明らかになっていると考えている。

市場化改革が波を切って前進する

国有企業改革の3年間の行動が収拾期に入るにつれて、複数の中央企業は3年間の行動主体任務を完了したと発表し、続々と提出された改革答案によると、中央企業の体制・メカニズムなどの面での改革はたえず新たな成果を収めている。

一方、3つの制度改革は広範囲の氷破りを実現した。「3年間の改革を経て、『地位に就けば降りられない』『国有企業に入ったら鉄の飯を食う』『どれだけ働いても少なくても同じ』という観念が徹底的に打ち破られた」。中国石化グループ会社の党組織部(人的資源部)の責任者によると、2021年、グループ管理職の脱退比率、従業員の市場化率は大幅な向上を実現し、中末端指導者の脱退比率は過去最高を記録し、全員の労働生産性は前年比26%増加した。

一方、再編・統合、混改上場などの市場化改革は波を切って進んでいる。中国兵器装備グループでは、4社の企業が混改試行を完了した。傘下の長安新エネルギー、中光学、新諾ロボットはそれぞれ非公有資本を導入した、華強科技は科創板の初上場を完成し、中央企業軍需産業グループの2番目の科創板上場企業となった。

新興際華集団は「531」産業配置構造を提案し、所属企業の専門化統合を推進し、調整は2級会社10社、3級企業50社余りに及び、振り替え信託戸数はグループ所属企業総量の4分の1を占め、グループの2006年以来の改革の力が最も大きく、関連範囲が最も広く、調整幅が最も深い改革である。

資本改革を同時に奥行き深く推し進める。国投グループの責任者は、次は基礎と優位性に立脚し、株式投資、資本運営などの面での経験をしっかりと用いて、中央企業の専門化統合に積極的に参加し、基金の優位性を発揮し、産業チェーンの資源配置の最適化を推進し、特定の中小企業を育成し、国有資本配置構造の最適化調整においてより大きな役割を果たすと述べた。

国務院国家資本委員会のデータによると、今年9月初め現在、各中央企業と各地の改革作業台帳の完成率はいずれも98%を超えている。

「国有企業改革の3年間の行動は中央企業の制度体系と市場体系を再構築し、中央企業の組織構造と組織規則を再構築し、中央企業が重要な使命を果たす能力を大いに高めた」。北京師範大学政府管理研究院の宋向清副院長は、この改革は国有経済競争力、革新力、制御力、影響力、リスク抵抗力を高めたと考えている。

借力資本市場が新たなトレンドに

国有企業改革の3年間の行動はラストスパートで収監された。上場企業の改革発展の主な陣地として、中央企業は資本市場を積極的に借りて価値の向上と実現を促進している。

M&A再編を例に、知本コンサルティングが提供したデータによると、10月19日現在、中央企業ホールディングス上場企業が重大なM&A再編事件を34件実施し、前年同期比206%増加した。IPOでは、今年に入ってから計18社の中央企業持株会社が上場を果たし、募集資金総額は約1259億元だった。

「中央企業の上場企業は戦略的再編と専門化統合にさらに力を入れ、発展の勢いが強い。今年新たに資本市場に上陸した中央企業の上場企業の構造は大幅に最適化され、ハードテクノロジーの特徴がさらに際立っている」。知本コンサルティング会社のパートナーである常硯軍氏は言う。

清華大学中国現代国有企業研究院の周リサ研究総監によると、中央企業の上場企業の合併再編を推進することで、重複投資と同質化競争を根本的に減らし、産業集中度と企業のコア競争力を高め、最終的に中央企業の上場企業の質の高い発展を実現することができる。同時に、中央企業持株企業が科学イノベーションボードに上場するには多くの利点があり、将来的には資本市場ツールと上場企業プラットフォームをさらに活用し、科学技術成果の生産力への転換ルートの確立を加速させる。

「資本市場を積極的に利用することは、中央企業の改革と発展の新たな趨勢になるだろう」。宋向清氏は、将来の中央企業上場企業は資本運用を強化し、革新的な投資を増やし、収益力を改善し、内在的価値を高めると同時に時価総額の同期的な向上を実現すると付け加えた。

業績の時価総額が2倍に上昇した

改革の深化に伴い、中央企業の上場企業全体の業績と市場価値はダブルアップを実現し、リスク抵抗力と中長期価値も市場機構の注目を集めている。

中上協がこのほど発表したデータによると、今年上半期、中央企業の上場企業の営業収入は合計13兆5500億元、利益総額は合計1兆1700億元を実現し、中央企業における上場企業の基本的な役割は絶えず際立っている。2022年8月現在、中央企業上場会社の時価総額は合計17兆2700億元。

招商証券首席戦略アナリストの張夏氏は、国有企業改革の3年間の行動を展開することにより、中央企業上場企業の収益力の向上、レバレッジ率の低下、インセンティブメカニズムの更なる健全化、科学技術革新能力の絶えずの増強、長期投資価値の顕在化が図られているとみている。「短期的に見ると、中央企業の逆周期属性が明らかで、評価性価格比が高く、高配当率の優位性が顕著である」。張夏は言った。

東方証券が最近発表した報告書によると、現在の中央企業上場企業の全体配当率は3.7%を上回り、リスクを防ぐ能力がより強いという。同時に、中証中央企業総合指数の市場収益率は10年来の低さに近づいている。

Windデータによると、今年に入ってから、上海・深セン両市の中央企業持株上場企業の全体配当は6800億元を超え、同期の全A株上場企業の配当総額の約45%を占めている。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520