语言切换
ニュース News

3次元度透視インフラ整備の活力有効投資は持続的に拡大する見込み

日付: 2022-10-24
閲覧: 5

「最近、福州市ではいくつかのインフラ建設プロジェクトが新たに追加され、新プロジェクトの着工に伴い、現在のセメントの毎日の出荷量は10月前の十数車から20車前後に増加している」。福建省福州市のセメント事業に携わる張氏は、中国証券紙の記者に対し、プロジェクトの建設が進むにつれ、10月末から11月にかけてセメントの出荷量がさらに明らかに増加する見通しだと述べた。

第4四半期に入ると、一連の重大プロジェクトの着地が加速するにつれて、複数の中央企業がインフラ建設の受注を獲得し、掘削機、稼働率などの関連指標が回復を続け、金融の「活水」が流入を加速させた。業界関係者は、第4四半期の有効投資は持続的に拡大する見込みで、インフラ投資は持続的に加速して期限が切れるとみている。

複数の企業がインフラストラクチャーの大規模な受注を獲得

「最近、私たちは多くのモニタリングを行い、我が国のエネルギー装備、石化装備、鉱山機械、建設機械、デジタル制御工作機械、産業ロボットなどの重点プロジェクトの受注が大幅に増加しており、これらはすべて上下流企業に得難いチャンスを提供している」と述べた。国家発展改革委員会の趙辰Xin副主任はこのほど、次のように述べた。

A株上場企業を見ると、最近多くの建築系企業がインフラストラクチャーの受注を獲得している。

10月18日、中国建築公告によると、最近、会社は複数の重大プロジェクトを獲得し、プロジェクト金額は合計338億9000万元で、会社の2021年度監査営業収入の1.8%を占めている。同日、浦東建設は公告を発表し、このほど子会社が複数の重大プロジェクトを落札し、落札額は合計16億7100万元だった。10月17日、中国鉄建公告によると、最近、会社は11の重大プロジェクトを落札し、プロジェクト金額は合計598億6900万元で、会社の2021年度監査営業収入の割合の5.87%を占めている。

建築系中央企業の新規契約額は明らかに増加した。中国証券報の記者の不完全な統計によると、10月18日現在、建設中央企業7社が2022年第3四半期の新規契約額を発表し、累計契約総額は約5兆4900億元で、前年同期比約16%増加した。

「複数の建築中央企業の経営データの状況を総合すると、インフラ分野の明らかな力が観測される」と述べた。光大証券建設工事業界アナリストの孫偉風氏によると、インフラ投資の景気は上昇を続けている。

インフラ関連指標の回復

インフラ投資の景気上昇に伴い、掘削機、稼働率、セメント出荷率など多くのインフラ分野の関連指標が回復した。

インフラ整備の「標準装備」として、掘削機指標は9月も暖かさを取り戻し続けている。中国工程機械工業協会がこのほど発表した掘削機製造企業26社の統計データによると、9月の販売台数は前年同期比5.49%増の21187台だった。掘削機の販売台数の伸び率は3カ月連続でプラス成長区間を維持している。

稼働率を見ると、インフラ投資が加速している。「中央テレビ財経掘削機指数」の最新データによると、2022年第3四半期の全国建設機械の月間平均稼働率は64.76%で、第1四半期の月間平均稼働率53.98%を上回り、我が国の各インフラ投資の加速推進を反映している。その中で、全国の露店機、圧路機の稼働率は3月から持続的に増加し、第3四半期には高値に達し、全国の交通インフラ建設の熱さを反映している。自動車クレーン、掘削機の2、3四半期の単月平均稼働率は高位運行を続け、全国の工事建設熱が衰えないことを反映している。

セメント出荷率は交通、工事建設分野の相対的な景気を証明することもできる。国海証券報告書によると、9月末、国内セメント市場の需要量は前月比でさらに上昇し、南方地区の需要回復は比較的良く、企業出荷率は一般的に8 ~ 9割に達した。9月末から10月にかけて、全国のセメントの平均出荷率は今年の高値になった。

「10月前後に多くの重要プロジェクトが着工し、セメント需要の回復をある程度牽引した」。百年建築網高級アナリストの蔡艶芬氏は、インフラ建設が引き続き底打ちの役割を発揮するにつれて、前期の新規着工プロジェクトは着地を加速させ、セメント出庫量は引き続き上昇傾向を維持するとみている。

金融「活水」の流入加速

資金面から見ると、金融の「活水」が流入を加速させ、インフラ投資を牽引している。

一方、政策的な開発金融ツールは引き続き力を入れている。銀保監会政策銀行部の周民源主任はこのほど、開発銀行、政策銀行は現在までに政策的開発金融ツール7300億元以上を投入したと明らかにした。

「プロジェクトの施工期間は平均3年程度、レバレッジは5倍から10倍で試算し、政策的に開発された金融ツールや下半期のインフラ投資の伸び率中枢を10~15%の水準に押し上げる」。華創証券首席固定収益アナリストの周冠南氏によると。

一方、特別債務の残高額は着地を加速させた。国務院常務会議の配置によると、5000億元以上の特別債の地方繰越限度額は10月末までに発行される。中国債券情報網の統計によると、これまでに20近くの地域で10月または4四半期の地方債発行計画が発表されている。特定項目債の残高限度額の着地を加速させると同時に、来年の特定項目債の早期承認限度額は今年末までに下達する見込みだ。近日開かれた安定経済大盤第4四半期工作推進会議は、法に基づいて規則に基づいて来年の特別債務の一部限度額を早期に下達することを提案した。東方金誠首席マクロアナリストの王青氏は、新規特別債の一部限度額が早期に下達される時点は今年末までに1兆4600億元前後になると予想している。

「プロジェクトの審査・認可の加速、政策的開発性金融ツールの発力及び新規特別債の発行のスピードアップに伴い、10月からインフラ建設の実物作業量は明らかに向上し、年間インフラ建設投資の伸び率は約13%と予想される」と述べた。華西証券の孫付首席マクロアナリストは、「今後、来年の特別債務限度額の早期下達に伴い、今年末から来年半ばにかけてインフラ投資の伸び率は高い水準を維持するかもしれない」と述べた。安信証券建築業界アナリストの蘇多永氏は、第4四半期の有効投資は持続的に拡大する見込みで、インフラ投資は持続的に加速して期限が切れるとみている。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520