语言切换
ニュース News

第3四半期の我が国の輸出入総額は9.9%増加対外貿易企業の自信は明らかに強化される見通し

日付: 2022-10-25
閲覧: 10

税関総署が24日に発表したデータによると、今年第3四半期、我が国の輸出入総額は31.11兆元で、前年同期比9.9%増加した。そのうち、輸出は17兆6700億元で、13.8%増加した。輸入額は13.44兆元で、5.2%増加した。貿易黒字は4兆2300億元で、53.7%拡大した。

9月、我が国の輸出入総額は3.81兆元で、8.3%増加した。そのうち、輸出は2兆1900億元で、10.7%増加した。輸入額は1兆6200億元で、5.2%増加した。貿易黒字は5735億7000万元で、29.9%拡大した。

商務部国際貿易経済協力研究院の徐徳順研究員によると、第3四半期の対外貿易データは全体的に市場の予想に合致し、特に国内外の予想を超えた要因の影響下で、輸出入の伸び率は依然として合理的な幅内で変動している。第4四半期、各安定した対外貿易政策効果の放出に伴い、我が国の対外貿易は依然として安定した成長態勢を維持するだろう。

データによると、第3四半期の我が国の対外貿易規模は持続的に増加すると同時に、構造も最適化と向上を実現し、一般貿易輸出入の二桁の増加、比重の向上を実現した。第3四半期、我が国の一般貿易輸出入は19兆9200億元で、13.7%増加し、我が国の対外貿易総額の64%を占め、前年同期より2.1ポイント上昇した。同期、加工貿易の輸出入は6.27兆元で、3.4%増加した。また、我が国は保税物流方式で3兆8300億元の輸出入を行い、9.2%増加した。

ASEAN、EU、米国などの主要貿易パートナーに対する輸出入が増加している。ASEANは我が国の第一の貿易パートナーの地位を維持し続けている。第3四半期、我が国とASEANの貿易総額は4兆7000億元で、15.2%増加した。EU、米国、韓国はそれぞれ我が国の第2位から第4位の貿易パートナーであり、貿易総額の前年同期比増加率はそれぞれ9%、8%、7.1%だった。同期、我が国は「一帯一路」沿線諸国に対して合計10兆4000億元の輸出入を行い、20.7%増加した。

民間企業は対外貿易の主要市場主体として、第3四半期の輸出入は急速に増加し、比重は上昇した。第3四半期、民間企業の輸出入は15兆6200億元で、14.5%増加し、我が国の対外貿易総額の50.2%を占め、前年同期より2ポイント上昇した。同期、外商投資企業の輸出入は10.42兆元で、2%増加し、我が国の対外貿易総額の33.5%を占めた。国有企業の輸出入は5兆2000億元で、15.1%増加し、我が国の対外貿易総額の16.1%を占めた。

これに先立ち、中国貿易促進会が発表した「第3四半期対外貿易情勢調査報告」によると、45.1%の対外貿易企業は第3四半期の対外貿易発展への自信が徐々に回復していると答えた。30.31%の対外貿易企業は年間貿易額が前年同期比で増加し、第2四半期より4.09ポイント上昇すると予想している。

中国貿易促進会の孫暁報道官、中国国際商会の孫暁事務総長は、「各安定的な対外貿易政策の実施効果は第3四半期に集中的に現れ始め、上半期に企業が強く反映した運賃、エネルギー、資金、為替レートなどの問題も明らかに緩和され、我が国の対外貿易企業の自信は明らかに強まり、持続的に強靭性を示すだろう」と述べた。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520