语言切换
ニュース News

第3四半期のGDPは3.9%増成長回復の勢い強まる

日付: 2022-10-25
閲覧: 16

国家統計局は10月24日、2022年第3四半期の国内総生産(GDP)の予備計算結果を発表した。初歩的な計算によると、第3四半期の国内総生産は87兆元(870269億元)を超え、不変価格で計算すると、前年同期比3.0%増加し、上半期より0.5ポイント加速した。四半期別に見ると、第1四半期の国内総生産は前年同期比4.8%増、第2四半期は0.4%増、第3四半期は3.9%増だった。


第3四半期は明らかに第2四半期より良い


第3四半期、我が国のGDPは307627億元で、不変価格で計算すると、前年同期比3.9%増加し、第2四半期より3.5ポイント加速した。


今年に入ってから、複雑で厳しい国内外の情勢と多重の予想を超える要素の衝撃に直面して、国民経済は圧力に耐えて持続的に回復して、第3四半期の経済回復は良好で、明らかに第2四半期より良くて、生産需要は持続的に改善して、就業物価は全体的に安定して、民生保障は有力で有効で、全体的に合理的な区間で運行している。


産業別に見ると、第1四半期の第1次産業の増加額は前年同期比4.2%増の54779億元、第2次産業の増加値は350189億元で、3.9%増加した。第三次産業の増加値は465300億元で、2.3%増加した。


「前年同期と比べて、第一次産業の比重は横ばいで、第二次産業の比重は1.1ポイント上昇し、第三次産業の比重は1.1ポイント低下した」。国家統計局国民経済計算司の趙同録司長は国家統計局の公式サイトで文を送って指摘した。


消費、投資、輸出の回復が続く


趙同録氏によると、第3四半期の経済運営は回復した。消費、投資、輸出の3大需要は回復を続け、回復発展の勢いが強まっている。


消費面では、第3四半期の最終消費支出の経済成長への貢献率は41.3%で、GDP成長を1.2ポイント牽引した。このうち、第3四半期の最終消費支出の経済成長への貢献率は52.4%で、GDP成長を2.1ポイント牽引した。


投資面では、第3四半期の資本形成総額の経済成長への貢献率は26.7%で、GDP成長を0.8ポイント牽引した。このうち、第3四半期の資本形成総額の経済成長への貢献率は20.2%で、GDP成長を0.8ポイント牽引した。


輸出では、第3四半期の貨物とサービスの純輸出の経済成長への貢献率は32.0%で、GDP成長を1.0ポイント牽引した。このうち、第3四半期の貨物とサービスの純輸出の経済成長への貢献率は27.4%で、GDP成長を1.1ポイント牽引した。


しょうてん


第3四半期の全国住民1人当たり可処分所得は27650元


国家統計局は第3四半期の住民所得と消費統計を発表した。国家統計局住戸調査司の方暁丹司長は、「全国の住民所得の伸び率は上半期に比べて着実に回復し、住民消費は回復している。


2022年第3四半期、全国住民の1人当たり可処分所得は27650元で、前年同期比名目で5.3%増加した。価格要因を差し引いた実質成長率は3.2%で、上半期より0.2ポイント加速した。常住地別では、都市部住民の1人当たり可処分所得は37482元で、前年同期比名目で4.3%増加し、実際には2.3%増加した。農村住民の一人当たり可処分所得は1460元で、前年同期比名目で6.4%増加し、実質で4.3%増加した。


農村住民の一人当たり可処分所得の名目成長率と実質成長率はそれぞれ都市住民の2.1と2.0ポイントより速い。方暁丹氏はこれに対し、農村住民の収入増加率は比較的速く、主にインフラ投資、重大プロジェクトの建設及び夏の食糧の再豊作、トウモロコシ小麦の価格が高く、豚と鳥の卵の価格が上昇したなどの要素から恩恵を受けていると述べた。


収入源から見ると、第3四半期の全国住民1人当たりの給与性収入、経営純収入、財産純収入、移転純収入はそれぞれ15678元、4352元、2463元、5157元で、それぞれ名目で5.1%、5.2%、5.8%、5.6%増加した。全国住民の1人当たり可処分所得の中央値は23277元で、前年同期比名目で5.1%増加した。


また、全国の出稼ぎ労働者のモニタリング調査によると、第3四半期末の出稼ぎ労働者の農村労働力規模は18270万人で、前年同期の規模とほぼ横ばいだった。出稼ぎ労働者の月平均収入は4586元で、前年同期比3.0%増加した。


「住民の消費支出は回復している」。方暁丹氏によると、第3四半期の全国住民1人当たりの消費支出は前年同期比3.5%増の17878元で、名目増加率は上半期比1.0ポイント上昇した。価格要因を差し引くと、実質的に1.5%増加し、実質的な増加率は上半期より0.7ポイント上昇した。都市と農村別に見ると、都市部住民の1人当たり消費支出は22385元、農村部住民の1人当たり消費支出は11896元だった。


二三線都市の9月の住宅価格下落幅が拡大


国家統計局は2022年9月の70大中都市の商品住宅販売価格の変動データを発表した。国家統計局都市司首席統計師の縄国慶節氏は、9月の70の大中都市のうち商品住宅販売価格が低下した都市の個数が増加し、各線都市の商品住宅販売価格は前月比で低下または横ばいとなり、一線都市の新築商品住宅と中古住宅販売価格は前年同期比で上昇幅が1、2、3線都市の下落幅が拡大したと解読した。


前月比で見ると、9月の70の大中都市のうち、新築分譲住宅と中古住宅の販売価格が下落した都市はそれぞれ54都市と61都市で、前月よりそれぞれ4都市と5都市増加した。


前年同月比で見ると、9月の70の大中都市のうち、新築分譲住宅と中古住宅の販売価格が下落した都市はそれぞれ50都市と63都市で、前月よりそれぞれ1都市と2都市増加した。


特筆すべきは、国家統計局が同日発表した全国の不動産開発投資の完成状況によると、9月の不動産開発景気指数(「国の不動産景気指数」と略称)は94.86で、比較的低い景気水準にある。


紹介によると、国の住宅景気指数は2012年を基年とし、その成長水準を100とした。通常、国の住宅景気指数は100点が最適な景気水準で、105以上はやや高い景気水準、95から105点の間は適度な景気水準、95以下は比較的低い景気水準である。


データによると、1月から9月までの分譲住宅の販売面積は101422万平方メートルで、前年同期比22.2%減少し、そのうち住宅の販売面積は25.7%減少した。分譲住宅の売上高は99380億元で、26.3%減少し、そのうち住宅の売上高は28.6%減少した。


著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520