语言切换
ニュース News

中国が開発した抗がん剤の新薬が初めて米国FDAの承認得る

日付: 2019-12-06
閲覧: 4

米国の食品医薬品局(FDA)は15日、中国企業の百済神州(BeiGene)が自主開発した抗がん剤の新薬「zanubrutinib」が「画期的治療薬」の指定を受け、優先審査を経た上で、市場における販売許可を取得したことを明らかにした。これは全世界のがん患者にとって喜ばしいニュースとなったばかりでなく、中国の新薬研究開発における一里塚的な意味合いを持っている。人民日報アプリが伝えた。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520