语言切换
ニュース News

病気が原因の貧困人口が2014年の2500万人から514万人まで減少

日付: 2019-10-22
閲覧: 4

中国国家医療保障局は17日、各級医療保障当局が推進してきた医療保障貧困支援事業は、目覚ましい進展が得られていることを明らかにした。中国新聞社が伝えた

国家医療保障局によると、中国政府は、医療保障貧困支援事業を高く重視してきた。2018年末の時点で、認定された農村部の貧困人口の医療保険加入率は99.8%に上り、「国民皆保険」がほぼ実現している。基本医療保険、大病保険、医療救助という三種類の制度による総合保障と等級別減免措置が実施され、貧困人口の入院費払い戻し率は約80%に上る。全国で病気が原因の貧困人口は、2014年の2500万人から514万人まで減少した。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520