语言切换
ニュース News

アリババの馬雲会長が退任 勤務最終日はスター並みの追っかけ

日付: 2019-09-17
閲覧: 6

「教師の日」だった10日、中国のEC最大手阿里巴巴(アリババ)は浙江省杭州市で20周年記念イベントを開催し、同イベントをもって、馬雲(ジャックマー)会長(55)が正式に会長職を退いた。人民網が各社の報道をまとめて伝えた。

馬氏はスピーチで、「私が止まることはない。阿里巴巴はたくさんある私の夢の一つにすぎない。自分ではまだ若いと思っているし、いろんな所に行って、いろんなことにチャレンジしたい」と話し、「世界はこんなにも素晴らしく、チャンスこんなにもたくさんある。こんなに活動的な私が、これほど若くして引退してしまうのはもったいない。舞台を変えてまた会いましょう。緑の山は変わることはなく、川の流れも続くから、またいつか必ずどこかで会えるはず」と結んだ。

退任前日の9日、馬氏はラフな服装で苦楽を共にしてきた同僚たちに会うため、杭州阿里浜江パークを訪れた。その場には大勢の人がつめかけ、歓声が次々に上がるなど、まるでスターが登場したかのような騒ぎとなった。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520