语言切换
ニュース News

日本のミステリー映画「祈りの幕が下りる時」 残酷な現実の中に見る人間の温かさ

日付: 2019-05-14
閲覧: 7

日本映画は、日常の小さなことに焦点を当て、悲しみや残酷な現実など暗い世界から温かい人間味や光を掘り起こすのがかねてから得意で、昨年の是枝裕和監督の「万引き家族」や今年の東野圭吾の小説を原作とした「祈りの幕が下りる時」もその類だ。特に、ミステリー推理作品である「祈りの幕が下りる時」に登場する人物は、窮地に追い詰められたり、闇を抱えたりしていても、そこからなぜか温かさや光を感じることができる。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520