语言切换
ニュース News

中国科学院、国際的に先進的な幹細胞臨床研究プロジェクトを始動

日付: 2019-03-22
閲覧: 6

網膜色素変性症は遺伝性の眼病だ。一般的には30歳までに発症し、後期になると黄斑の疲労により視力が損なわれ失明に至る。現在は臨床上、効果的な治療手段がない。中国科学院幹細胞再生医学革新研究院(以下「同研究院」)が17日に発表した情報によると、中国科学院は「ヒト胚性幹細胞由来の網膜色素上皮細胞による網膜色素変性症の治療」臨床研究プロジェクトを始動した。幹細胞技術により網膜色素変性症の患者に福音をもたらす。科技日報が伝えた。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520