语言切换
ニュース News

政府活動報告を83か所修正 国民生活など6分野に集中

日付: 2019-03-29
閲覧: 6

国務院弁公室が15日に行った政府活動報告を読み解くブリーフィングで、今年の政府活動報告の起草チームのメンバーとなった国務院研究室の郭(王へんに韋)副主任に、関連状況を説明してもらった。

報告の修正箇所は83ヶ所あり、(全国人民代表大会の)代表と(全国政治協商会議の)委員が提起した意見の大部分を取り入れた。修正前の字数は約19300字、修正後は約2200字で、約800字増加した。修正が多かった箇所は、国民生活の保障改善、科学技術イノベーションの加速、重点分野の改革の深化、農村振興の推進、汚染対策と生態環境構築の強化、内需の潜在力の持続的発揮の6分野に集中した。

その他の分野でも一部の修正が行われた。たとえばビジネス環境の最適化の部分では、「審査と商標登録にかかる時間を引き続き短縮する」ことや、「全国一体型のオンライン政務サービスプラットフォームを早急に構築する」ことなど、「放管服改革」(行政のスリム化と権限委譲、緩和と管理の結合、サービスの最適化)の深化に関する内容が加わった。

郭氏は、「全国人民代表大会の代表と全国政治協商会議の委員の意見と提言を真剣に聴取し取り入れたことは、法律によって施政を行い、法律によって行政を行い、科学的で民主的な政策決定を堅持したいとする政府の内在的な欲求であり、社会の関心にこたえ国民にサービスを提供しようとする姿勢の重要な現れだ。今回の修正により報告はより充実したものになり、より国民の声を反映したものになっており、共通認識をよりよく高め、業務をよりよく推進する上でプラスになる」と述べた。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520