语言切换
ニュース News

「嫦娥4号」の月面ローバー、模型は広東東莞製

日付: 2018-12-10
閲覧: 11

広東省東莞鳳崗美馳図公司と中国宇宙事業が縁を結んだのは2013年のことだった。中国国防科技工業局月探査宇宙事業センターは「嫦娥3号」打ち上げ前の同年6月、全国で月面ローバー「玉兎号」の模型を作る企業を探していた。十数社との激しい競争を経て、美馳図が勝ち抜けた。美馳図は20数日後、第1陣となる模型を作り、その後さらに実物大の模型を数10台作り、国家レベルの展覧会で使用した。環球網が伝えた。

複数の優位性により、美馳図は5年ぶりに同センターの目に止まり、「嫦娥4号」の模型開発の独占的権限を与えられた。玉兎号の模型は国家宇宙機関や博物館による展覧収蔵科学普及にのみ提供されていたが、今回の「嫦娥4号」の月面ローバーの模型は関連製品が作られ、市販される。

実物大の月面ローバーの模型と比べると8分の1のスケールは小ぶりで、さらに精密な技術が必要とされる。この模型には赤外線センサーとスイッチがあり、自動的に前進し障害物の前で停止する。ソーラーカメラやアンテナなどの細部は本物さながらだ。また同社は嫦娥4号の16分の1スケール光音響月面ローバー、20分の1スケール着陸機、イラスト版DIY科学普及版シリーズ製品を開発した。うち実物大限定版静的リアル模型の再現度は95%以上に達し、月面ローバーのデータを正確に再現している。「メイドイン東莞」の匠の精神を余す所なく物語っている。

 


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520