语言切换
ニュース News

AI特許出願件数、トップ3は中米日

日付: 2018-11-28
閲覧: 6

中国特許保護協会はこのほど「人工知能技術特許深層分析報告書」を発表し、人工知能(AI)技術の世界及び中国における特許出願データを分析した。科技日報が伝えた。

同報告書によると、中国は出願件数で有利だが、高品質高価値特許では米国や日本よりいくらか遅れている。主要特許出願者を見ると、中国のトップは百度、米国のトップはIBMとなっている。

Derwent World Patents IndexDWPI)のデータバンクによると、AI関連の特許出願件数は世界的に年々増加する傾向を示している。2010年以降に増加率が大幅に上昇し、近年も上昇を続けている。うち出願件数トップ3は、中国、米国、日本となっている。中国のAI関連特許出願件数は76876件にのぼる。米国は67276件でやや下回り2位で、日本は3位。

主要特許出願者を見ると、IBMの出願件数が米国トップで、マイクロソフトやグーグルの倍近くにのぼる。中国は国内の企業や大学が大半で、海外企業による中国での特許出願件数は本国を下回る。中国での出願件数が最も多いのは百度で、2368件にのぼる。

 

 


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520