语言切换
ニュース News

「タイタニック2世」が2022年にも就航予定

日付: 2018-11-08
閲覧: 7

豪華客船「タイタニック号」が復元され、アップグレードして「タイタニック2世」として蘇り、2022年に就航する見通しとなり、一世紀以上前の処女航海で不成功に終わった航海に再び挑戦する。新華社が伝えた。

「タイタニック2世」の製造費は5億ドル(1ドルは約112.1円)、乗客2400人と乗員900人が収容可能で、乗船料は先代のタイタニック号と同様に3クラスが設けられるという。そしてかつて生じた悲劇が繰り返されないように、「タイタニック2世」には、十分な数の救命ボートや救命胴衣が配備される。航海ルートは、アラブ首長国連邦ドバイ港を出航してサウサンプトン港に向かい、その後は「タイタニック号」の処女航海ル―トに沿って進み、大西洋を横断してニューヨークに到着する。


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520