语言切换
ニュース News

中国のジャガイモ作付面積、世界トップ

日付: 2018-08-08
閲覧: 6

中国農業科学院(農科院)国家芋類作物研究センターのオープニングセレモニーが北京でこのほど催された。人民日報海外版が伝えた。

中国農業科学院国家芋類作物研究センターは、農科院によって、ジャガイモサツマイモ分野における研究力を統合して設立された国家級芋類作物研究の公共プラットフォームだという。同センターの設立目的は、芋類作物の科学技術資源を効果的に統合し、新たな情勢下での高効率の農業科学技術協同革新組織モデルの構築を模索し、世界最先端レベルを備えた芋類作物研究成果発表プラットフォームを確立することにある。また、国内外の協力研究開発交流を展開し、国際ポテトセンターアジア太平洋業務オフィスとの提携を実現する。さらには、「一帯一路(the Belt and Road)」沿線国とのこれまでの協力関係を強化として、新たな協力組織および方向性を絶え間なく開拓し、「一帯一路」建設のためのより強固なサポート役を果たしていく。

 


著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520