语言切换
ニュース News
新華社北京9月19日電9月19日、国家习近平主席は第7回中国・アジア欧州博覧会に祝賀の手紙を送った。习近平アジア・ヨーロッパ大陸は発展の活力と潜在力に満ちており、「一帯一路」を共同で建設する国際協力の重点地域であると指摘した。ここ数年来、中国新疆は区位の優位性を十分に発揮し、シルクロード経済ベルトの核心区の建設を積極的に推進し、中国とユーラシア地域の国家の相互接続、互恵協力、共同発展を促進し、積極的な効果を得た。习近平強調して、中国は各国と一緒に、中国-アジア欧州博覧会をプラットフォームとして、平和協力、開放包容、相互学習相互参照、互恵共栄のシルクロード精神を発揚し、高基準、持続可能、恵民生を堅持し、アジア欧州協力分野を絶えず開拓し、アジア欧州協力レベルを高め、共同発展と繁栄を促進したいと考えている。第7回中国・アジア欧州博覧会は同日、新疆ウルムチで開幕した。テーマは「共商、共建、共有、協力は未来へ」で、商務部、外交部、中国貿易促進会、新疆ウイグル自治区人民政府などが共同で主催した。
发布时间: 2022 - 09 - 20
浏览次数:0
上海協力機構加盟国首脳理事会第22回会議は15日から16日までウズベキスタンの古城サマルカンドで開催された。今回のサミットは新型コロナウイルスの流行後、メンバー国の元首が完全にオフラインモードで行われた初会合だ。ロシア・烏間の衝突流出効果の持続的な拡散を背景に、今回のサミットは地域の安全、貿易金融、相互接続、人文協力に焦点を当てるほか、気候変動、サプライチェーンの安全、エネルギーの安全、食糧の安全などの議題を重点的に討論し、人員拡大を秩序立てて推進する。しかし、大国のゲームゲームの新たな趨勢と地域の安全保障の新たな枠組みに直面して、西側の一部の政治家学者は「民主的対抗権威」の叙事に依存して、冷戦思考の束縛の下で、「色眼鏡」を通じて上合サミットとその議事日程を絶えず評価している。まず質疑派は、上合組織のこの輪拡員が時間ノードでNATOがスウェーデン、フィンランドを吸収する「北拡」のプロセスと重なっていると考え、上合組織の位置づけが変わったと非難した。次に唱衰派で、上合組織の加盟国の間には調和が難しい矛盾があり、絶えず人員を拡大することは上合のガバナンス効果に影響すると考えている。また汚名派であり、強制的に「反西側集団」などのラベルを貼り付け、憶測的な上合は西側と対立するユーラシア構造を構築するだろう。上合組織のメカニズム発展は各加盟国の主観的かつ積極的な推進に由来するだけでなく、相互...
发布时间: 2022 - 09 - 19
浏览次数:0
国家統計局(魏玉坤記者)がこのほど発表した第18回党大会以来の経済・社会発展成果シリーズの報告によると、2013年から2021年にかけて、我が国の国内総生産(GDP)は年平均6.6%増加し、同期の世界2.6%と発展途上国の経済体3.7%の平均成長水準を上回った。世界経済成長への平均寄与率は30%を超え、世界一となった。報告書によると、年平均為替レートで換算すると、2021年の我が国経済総量の世界経済に占める割合は18.5%に達し、2012年より7.2ポイント上昇し、世界第2位を確実に占めた。2021年、我が国の一人当たりGDPは80976元に達し、価格要素を差し引いて、2012年より69.7%増加し、年平均6.1%増加した。革新的発展の原動力が強化され、革新的な国家建設が新たな進展を遂げた。我が国の研究開発費の総量は2013年に日本を上回り、世界第2位の研究開発費投入国となった。世界知的所有権機関の報告書によると、我が国のグローバルイノベーション指数の順位は2012年の34位から2021年の12位に躍進した。協調発展の足並みは安定しており、経済構造は絶えず最適化されている。2021年、製造業の増加値は31兆4000億元に達し、2012年の実質より74.3%増加した。2021年、最終消費支出の経済成長への貢献率は65.4%で、2012年より10ポイント上昇し、経済成長の第1牽引力とな...
发布时间: 2022 - 09 - 19
浏览次数:0
国務院報道弁公室は15日、記者会見を行った。工業・情報化部の辛国斌副部長は会議で、「産業チェーン・サプライチェーンは工業経済の命脈であり、産業チェーン・サプライチェーンの安定した円滑化は工業経済の安定した運営にとって極めて重要だ」と述べた。各地方、各部門の共同の努力の下で、障害を受けた産業チェーンのサプライチェーンは迅速に修復され、工業経済は回復的な成長態勢を維持している。今年1 ~ 7月、規模以上の工業増加値は前年同期比3.5%増加した。辛国斌氏によると、工信部は次のステップで、「疫病は防ぎ、経済は安定し、発展は安全でなければならない」という全体的な要求に基づき、疫病の予防・抑制と経済社会の発展を効率的に統一的に計画し、全力で工業経済の運行を安定させる。第一に、政策の実行に力を入れること。国務院の経済安定のための大規模な活動配置を真剣に実行し、細かく安定した経済包括政策と接続政策措置を実行し、工業経済を立て直すための一連の政策の着地効果を持続的に推進し、工業経済の回復加速を促進する。第二に、産業チェーンのサプライチェーンの安定した円滑化を保障する。重点地域、重点業界、重点企業の運行状況に対するモニタリング・スケジューリングを強化し、地域間、上下流の協調・連動を強化し、産業チェーンサプライチェーンの重点企業と重要ノード企業が運行中の困難と問題を協調的に解決するのをタイムリーに助け、...
发布时间: 2022 - 09 - 16
浏览次数:0
新華社北京9月15日電(王雨蕭記者)記者は15日、国家税務総局によると、8月31日までに、今年全国で累計3兆3000億元を超える減税・引き下げと税金還付猶予費が新たに増加した。そのうち累計21723億元の税金還付金が納税者口座に還付され、社会の期待を効果的に導き、市場主体の活力を奮い立たせた。国家税務総局の責任者によると、大規模増値税の控除政策の実施は、企業資金の圧力を効果的に緩和した。増値税インボイスのデータによりますと、今年4月から8月にかけて、留保控除を行った企業の売上高は前年同期比6.9%増加し、増加幅は無還付企業より4.6ポイント高かったということです。増値税領収書のデータによりますと、今年4月から8月にかけて、製造業企業は累計5377億元の税金還付を受け、保留・控除を行った製造業企業の販売収入は前年同期比7.5%増加し、増加幅は無税金企業より4.2ポイント高かったということです。中小企業は雇用促進、民生保障などの面で重要な役割を果たしている。記者によると、今年に入ってから、新たな組合せ式税費支援政策は小・零細企業に重点を置いており、8月31日現在、各税費支援政策は小・零細企業のために累計1兆3100億元の減税・引き下げと税金還付・猶予費を追加した。4月1日から8月31日まで、付加価値税の控除を受けた納税者のうち、中小企業の戸数は93.1%を占め、計8332億元の税金還付...
发布时间: 2022 - 09 - 16
浏览次数:1
全く1616ページ 10/324ホーム...  567891011121314...後の終わり
著作権 ©2005 - 2022 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520