语言切换
ニュース News
国家発展改革委員会の孟瑋報道官は15日、「10月末時点で、中国はすでに137ヶ国および30の国際機関と197件の「一帯一路」(the Belt and Road)協力文書を締結した。それには発展途上国も先進国もあり、また多くの先進国企業・金融機関が中国と協力して第三国市場を開拓している」と述べた。新華社が伝えた。
发布时间: 2019 - 11 - 21
浏览次数:4
中国移動(チャイナ・モバイル)は15日に「5G汎用スマート端末ルートエコシステム協力サミット」で2020年の端末計画を発表し、「4Gは5Gへと移行し、5G汎用スマート端末が急速に普及する。5G端末価格は急速に下がり、来年末には5Gスマホ製品価格が1000-1500元まで下がり、さらには1000元以下の5G端末も発売されるだろう」という見通しを示した。中国新聞網が伝えた。
发布时间: 2019 - 11 - 20
浏览次数:4
中国郵政鄭州通関地(鄭州郵便物処理センター)は14日、煌々と明かりに照らしていた。同センターを上空から撮影してみると、敷地内には荷下ろしを待つ大型トラックが所狭しと停められ、敷地の外の道路の両側にもトラックが整然と並んでいた。「ダブル11」が過ぎ、中国郵政鄭州郵便物処理センターは一年で最も忙しい時期を迎えている。多くの宅配荷物がここで仕分けされ、市内のユーザーの手元に届けられる。このセンターでは、24時間体制で稼働すると同時に、荷物の積み下ろしの要員を増やし、荷物が迅速にユーザーの手元に届くことを全力で保証しているという。人民網が伝えた。
发布时间: 2019 - 11 - 19
浏览次数:3
11月中旬から、東京や大阪、奈良、京都などでは紅葉が見ごろになり、中国から日本への紅葉見物旅行がシーズンを迎えている。日本と隣り合う中国東北地方の都市である哈爾浜(ハルビン)市は、日本からの距離が割合近く、交通が便利などの理由から、日本に多くの旅行客を送り込んでいる。こうしたハルビンの市場潜在力を見込んで、各航空会社は新たにハルビンから大阪への直行便を就航させ、旅客獲得を狙っている。
发布时间: 2019 - 11 - 18
浏览次数:4
極地科学観測砕氷船「雪竜2号」は中国第36次南極科学観測隊の隊員を乗せ、北京時間24日午後2時51分に東経148度42分から赤道を通過し、南半球に入った。新華網が伝えた。雪竜2号は11月4日に豪ホバート港に到着し、補給と人員交代を行ってから、南極の中山基地に向かう予定。雪竜2号は中国が初めて独自に建造した極地科学観測砕氷船で、15日に深セン市を出発した。計画によると、まず中山基地に向かい作業を展開し、それから南極海の総合考察と長城基地考察を行い、2020年3月に帰国する予定。
发布时间: 2019 - 11 - 15
浏览次数:2
全く919ページ9/184ホーム...  45678910111213...後の終わり
著作権 ©2005 - 2013 中投資建設グループ株式会社
犀牛云提供企业云服务

北京 上海 広州 重慶 福州 成都 南京 杭州 寧波 海口

蘇州  深圳  香港  フランクフルト トロント メルボルン  台湾

400-857-5885

邮编:330520